明日晴れたら・・・

アクセスカウンタ

zoom RSS 遠路はるばると エゾムシクイ、キビタキ、キアシシギ

<<   作成日時 : 2011/05/13 21:40   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 例年、このゴールデンウィークの頃は、渡りの途中でふらりと足を休める鳥が居たりするものです。
 しかし、その期間はたった1、2時間だけであったり、2、3週間であったりと、鳥によってまちまちです。
 センダイムシクイの鳴き声を聞いたという話はいくつか聞きましたし、私自身も1度は頭の真上で鳴く声を聞いたのですが、結局その姿を見ることはできませんでした。
 で、代わりに教えていただいたのが、エゾムシクイ。「今、鳴いてるよ」と連絡を貰って、間に合うかなと思いつつものこのこと出て行くと、居ました。待っていてくれました。葉陰の暗がりを飛び回っていて、なかなか全身は見せてくれませんが、とりあえず頭だけ。

画像

 人家の裏庭を曲がりくねって通る、旧野川の跡を埋めた緑地公園。木の上で鳴いているのは、オナガだけじゃないんだ。

画像

画像


 野川の縁の散歩道に面した別の小さな公園。それでも種々数十本の木が植わっているので、結構渡りの途中で羽を休める鳥が居るようです。
 このキビタキ君も、そんななかの1羽。

画像

画像

画像

画像

画像


 さて、今年もキアシシギが来ました。野川だけでなく、多摩川にも数羽の群れが入っています。
 このこは、他の鳥が水浴びをしているのを見るのが、余程珍しいのでしょうか。
 ムクドリが水浴びをしていると、足を止めて一頻り見つめています。

画像

 イソシギの傍は避けて通りましたが・・・

画像

 タシギが水浴びを終えて羽繕いを始めると、また一頻り見入っています。

画像

画像

 こちらは、多摩川のキアシシギ。

画像

画像

 その後、六郷干潟で見たもの(複数)は、両足にフラッグを付けていました。

画像

 山階のHPによると、足環・フラッグ・カラーリングの位置で、どこから来たかが分かるとのこと。でも、分かったのは、風蓮湖から来たらしい上の1羽だけ。それぞればらばらで、国際混成群のようです。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
遠路はるばると エゾムシクイ、キビタキ、キアシシギ 明日晴れたら・・・/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる