明日晴れたら・・・

アクセスカウンタ

zoom RSS 多摩川上空にハクチョウ30羽が乱舞 コハクチョウ

<<   作成日時 : 2011/12/29 23:35   >>

ナイス ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

 今年も余すところあと3日。何時ものとおり、川原に出来た葦原の中を、鳥を求めて彷徨い歩く。
 突然、頭上をよぎる鳥の影。「コウ、コウ(ホウ、ホウ)」という鳴き声は、どこかで何度も聞いたことがある。
 見上げると、何羽もの白い鳥の群れが、団子状になって通り過ぎるところだった。え?まさか。ボーッとして見上げる間に、西北の空に消えた。

 あの声は、確かに、TVでお馴染みのハクチョウの鳴き声。しかし、多摩川で、何十羽もの白鳥が飛んだなどという話は、寡聞にして聞いたことが無い。
 ふと、我に返って、一枚の証拠写真も撮らなかったことに、気が付く。だが、後の祭りだ。

 諦めて、遠くのコゲラをファインダーで覗く。すると・・・

 頭上でまた、「コウ、コウ(ホウ、ホウ)」という鳴き声。戻ってきた!
 慌ててレンズを上に向けるが、頭上の木の枝が被って、焦点が合わない。いくらシャッターを押しても、一枚も切れない。横一直線に並んで頭上を通り過ぎた群れは、瞬く間に尻をみせて遠ざかる。と、一斉に「左向け、左」と向きを変えた。
 横一直線が、縦一直線にと、変わる。左端の十羽ほどが一旦団子状になり、新しい列を作り直す。長距離飛行用のV字隊形が出来上がる。そのまま、視野の外へと消えた。

 この間に撮れたのは、ピンボケのこの一枚のみ。長い辺は半分しか写っていないので、全部で30羽はいたと思われる。

画像


 だが、幸いにも、対岸からこの群れを撮っていた方が居た。こちらのホームページに掲載されている。
「ぶらり散歩道の写真 多摩川の野鳥」

 この様子を、対岸から見ていた人は数人いたが、いずれも河口方面に飛び去ったという。
 その後、誰に聞いても、この群れの消息は杳として知れない。
 過去に多摩川に、30羽もの白鳥が訪れたことがある、などという話も聞かない。

 あれは多分、先導役の鳥が入る川を間違え、それに気付いて折り返したのだろう。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 5
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
多摩川上空にハクチョウ30羽が乱舞 コハクチョウ 明日晴れたら・・・/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる