明日晴れたら・・・

アクセスカウンタ

zoom RSS 猛禽銀座も復活の気配 ハイタカ

<<   作成日時 : 2012/12/02 22:41   >>

ナイス ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 0

 多摩川の中流域、我が家からも比較的近くMFにしている場所は、冬になると、ハヤブサ、オオタカ、ハイタカ、ノスリ、チョウゲンボウなどが、頻繁に姿を現します。
 以前、ご紹介したミサゴも含め、猛禽銀座の様相を呈します。極く稀には、晩秋にハイイロチュウヒやハチクマが飛ぶことも。


 昨日は、日中川原を歩いていて、突然、冷たい雨と風に見舞われました。
 慌てて橋の下にもぐり、何とか難を逃れました。2時間ほどで雨が上がりましたが、気温が急激に下がっています。日が射し始めた秩父の山並みを見ると、気のせいか、何やら白く光る所も。

 そんな時でした。強風に向かって、突然ハヤブサが現れ、コガモの群れに突っ込みました。慌てふためいて逃げ惑うカモ、サギ、カワウそしてユリカモメの群れ。どうやら狩りは失敗したようでした。
 残念ながら、この時、カメラはザックの中でした。いや、突然でしたから、仮りに手に持っていたとしても、写真は撮れなかったでしょう。

 その、ほんの2、3分後、対岸で小鳥を追い回す、俊敏な動作の中鳥? 距離にして200m以上は有るので、ハッキリしませんが、その時はハイタカ?と思えたのでした。
 こちらも、狩りは失敗した様子。風に乗って、川の上を旋回します。

画像

画像

画像

 家に帰ってから改めてゆっくり見ると、開いた尾羽の先が丸く、また分からなくなりました。

 「僕なら分かり易いでしょう?」チョウゲンボウが慰めてくれました。

画像


 そして今日、いつもの川原を歩いていると、行く先々で、眼前の木から少し先の木へと、飛び移る鳥が居ます。
 大きく逃げるでもなく、ちょっと距離をおいては、こちらの様子を伺っています。背中からでも尾羽の鷹斑が分かります。飛んだ時に、胸の横縞が見えたような気がしました。
 『今度はオオタカ?』
画像

 ファインダーの中の姿は、何だか甲冑を着けた中世の騎士のようです。

 何度目かの折、比較的近くの木に留まったので、大きく回りこんで、枝被りしないよう前に出ました。

画像

 正面顔は可愛いですが、こう見るとオオタカじゃありませんよね。

画像

 ハイタカの若鳥でしょうか。小さくても猛禽、結構凛々しいお姿。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 7
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
猛禽銀座も復活の気配 ハイタカ 明日晴れたら・・・/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる