明日晴れたら・・・

アクセスカウンタ

zoom RSS 今年こそはみーんな生き延びて! コアジサシ雛

<<   作成日時 : 2013/06/10 10:54   >>

ナイス ブログ気持玉 32 / トラックバック 0 / コメント 4

 先日来、多摩川中流域でコアジサシの雛が孵り始めているという話は耳にしていました。遅くとも6月3日には、一部の雛が孵り始めていたようです。
 しかし、これから梅雨が本格化します。台風の動向も気になります。孵化から飛べるようになるまで約3週間、無事に育ってくれることを祈るしかありません。
 コアジサシは環境省のレッドリスト絶滅危惧U類に、関東南部諸都県などでは絶滅危惧I類に指定されるなど生存が危ぶまれている鳥で、ここでは数年に一度しかまともに育たない、厳しい環境に置かれている鳥なのです。

画像


 ここでは、というか多摩川中流域では、コアジサシは例年何度か抱卵するのですが、彼らが営巣できる場所は極めて限られています。更に、孵化した雛が親と共に、無事に南に向けて飛び立つことができるのは、至極稀なことです(コアジサシは体長24cmで、赤道を越え日本とオーストラリアなどを往復する渡り鳥です)。
 カラス、蛇、猛禽類初め大型野鳥類など、川原には卵や雛を狙う天敵が一杯。
 また、この時期のこととて、少し上流で雨が降ると、堰の水門が開いてしまい、川原の卵や孵ったばかりの雛が全て流されてしまいます。

 しかし、彼らにとって最大の天敵は人間でしょう。
 昨年晩夏、それまでの二度の子育てに失敗し、多くのコアジサシが傷心の翼を広げ、南に進路を取る中、諦めきれずに三度目の抱卵に挑戦した三十羽程のコアジサシがいました。
 視認できた巣は8巣、草むら内のものも含めれば、10巣以上はあったでしょう。コアジサシは一度に2、3個の卵を産みますから、単純計算でも二十数羽以上の雛が孵るはずでした。
 しかし、実際には、十二、三羽の雛しか孵りませんでした。「心無い釣人」が、傍若無人にも中州にがさがさ分け入って、卵と雛を踏み潰したのです。親鳥たちが集団で頭上を飛び交い、必死にキリリキリリと抗議する中でのことでした。
 「俺たちは(漁協に)金を払ってるんだから、何処で何をしようが自由だ」
 どうやらこれが、彼らの言い分らしいです。別のところでは、川原にパラソルを広げて場所を占有し、他の河川利用者を追い払う者すらいます。
 勿論、このような人たちは、ほんの一握りだと思います。大多数の釣人は、ルールと自然を守って、釣りを楽しんでいると信じたいです。

 川崎市、狛江市など両岸自治体の環境保全対策担当者、環境省自然環境局、それに国土交通省関東地方整備局京浜河川事務所のみなさん、このいたいけな子達が無事飛び立てるよう、少しだけ御力をお貸しください。

 妙な噂を聞きました。地域漁協が、釣人からクレームを持ち込まれるのが面倒だから、自然保護に反対しているというのです。
 まさかとは思いますが、多摩川漁業協同組合及び川崎河川漁業協同組合の方々、遊漁料の趣旨を、釣人にきちんと説明するのは、お金を取っている皆さんの義務です。コアジサシはお金など貰っていないのですから。
 遊漁料には場所の占有権など含まれないこと、多摩川に暮らす全ての生き物と共生してこその遊漁であることを、きちんと説明してあげてください。

 今年こそは、この子達がみーんな生き延びて、元気に南の島へ飛び立てますように!!!


画像

画像

画像

画像

 (お母さん、卵がこぼれてますよ)  卵も雛も保護色です。



画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像


 《 乞う、続編ご期待!! 》


 なお、2011年の記録はこちらです。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 32
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
かわいい かわいい かわいい かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
はじめまして。わたしも多摩川中流のコアジサシのコロニーをたまに見に行きます。まったくおっしゃるとおりです! 釣り人に強く言いたい!!! 
ニシメガネザル
2013/06/11 22:03
⇒ ニシメガネザルさん
はじめまして。もうお会いしているかも知れませんね。
みんなで少しづつ声を上げましょう。

今朝は雨。降りすぎなければ良いのですが。
ExCandle
2013/06/12 08:39
可愛い雛、良い表情ですね、意外と大きな魚をもらっていますが、大丈夫でしょうか、早く大きくなってほしいですね。
三太郎
2013/06/23 14:10
⇒ 三太郎さん
こんにちは。ありがとうございます。
雛はみな可愛く見えますが、コアジサシは黒目が大きいので余計ですね。
最初は、体に比べ随分大きくみえる魚を与えられますが、首を長く伸ばして飲み込んでしまいます。
あっという間に大きくなりますから。
この時期、毎日空を見上げては一喜一憂していましたが、今日、予定通り、最初に生まれた雛数羽が飛びました。
まだほんの数mですが、明日には岸まで飛べるようになるでしょう。
これで、今年もなんとか全滅だけは避けられました。
あとは、次の豪雨までに何羽が飛べるようになるかです。祈るしかありません。
ExCandle
2013/06/23 17:54

コメントする help

ニックネーム
本 文
今年こそはみーんな生き延びて! コアジサシ雛 明日晴れたら・・・/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる