アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「写真」のブログ記事

みんなの「写真」ブログ

タイトル 日 時
MFのカルピヨ一号
MFのカルピヨ一号  地元野川の縁を流していて、雛2羽を連れたカルガモに出会いました。  今年最初に見るカルピヨですが、未だ小さいのに雛の姿は2羽のみでした。  小川に毛の生えたような狭い川ですので、多摩川本流に比べると流れが緩やかなことを除けば、危険が一杯です。蛇、カラス、鯉、そして仲間のカルガモ。  ともあれ無事に成長することを願わずにはいられません。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/04/26 22:20
《番外編》 草野球場を駆け回る コシャクシギ
《番外編》 草野球場を駆け回る コシャクシギ  仲間のダイシャク、チュウシャク、ホウロクシギはMFの多摩川でも見たことがありますが、コシャクシギは関東ではかなり珍しいらしく、これまで見たことが有りません。  この鳥、2年前に葛西臨海公園に出たときにも、例によって『今朝までは居たんだけど』と言われて出会えませんでした。  今回話を聞いたときにも、どうせ1日で抜けるだろうからと、タカを括っていました。  しかし、今朝になって未だ居るらしいこと、場所もかなり詳しく特定できました。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/04/25 21:24
《番外編》 どっちの仲間? ツバメチドリ
《番外編》 どっちの仲間? ツバメチドリ  去年は南の隣県で出会うことが出来ました。  しかし、雨上がりの陽炎が立つ畑で、飛び物も満足のいくものは一枚も撮れませんでした。風に乗って飛ぶ動きはツバメ級。  今年は、南と北の隣県でほぼ同時に出ているそうです。  去年とは場所を変えて、飛び物でも狙ってみましょうか。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/04/23 22:55
エクリプス、それとも トモエガモ
エクリプス、それとも トモエガモ  野川に、トモエガモらしき鳥が居ると聞きました。  なるほどトモエガモですが、トモエの模様は有りませんね。  エクリプスでしょうか、それとも若鳥でしょうか? ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 17 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/11/11 23:08
《番外編》 クイナ祭り ヒメクイナ、ヒクイナ
《番外編》 クイナ祭り ヒメクイナ、ヒクイナ  湾岸の公園に珍しいクイナが来ていて、連日大賑わいだそうです。  ヒクイナも見たことが無いので、この際一度見ておきましょう。  但し、珍鳥ヒメクイナの方は、一日待って1秒しか出ないこともあるんだとか。  期待は大きく持ち過ぎず、と言っても、矢張り期待してしまいますよね。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/11/06 23:06
《番外編》半世紀ぶりのお客さん ハクガン若
《番外編》半世紀ぶりのお客さん ハクガン若  東京でこの鳥が見られるのは、本当に珍しいんだそうです。新聞によると58年ぶりとか。  二・三日前から噂は耳にしていたんですが、やっと場所が特定できました。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 23 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/11/04 22:59
猛禽日和
猛禽日和  いつものMFに、数が増えたカモ達の様子を見に行きました。  と、突然姿を見せた黒い影。サギやカモ達は一斉に逃げ惑います。普段潜れないカモも、この時は必死で潜ります。  立派なハヤブサ髭は、見間違いようがありませんね。  カラスが居なかったので三度ほど突っかけましたが、結局狩りには失敗。高い空へと去って行きました。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 9 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/11/03 21:51
換羽未了 カモたち
換羽未了 カモたち  夏の終わりから姿を見せたコガモを筆頭に、秋の深まりと共にカモ達が渡ってきます。  でもこの時期のカモの雄は、何だかぐちゃぐちゃの頭をしてますね。殆ど雌のようなエクリプス。  或いは半分繁殖羽に換羽しつつある頭もいます。  今日はそんなカモ達の頭です。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/10/30 22:33
エナガの生る木
エナガの生る木  野川沿いの公園で見かけました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/10/30 21:23
まだノンビリしてます ノビタキ
まだノンビリしてます ノビタキ  あれ、あの後姿はノビタキさん。今年はゆっくりしてますね。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/10/18 22:19
これで3兄弟が揃いました サメビタキ
これで3兄弟が揃いました サメビタキ  ヒタキ3兄弟の中で、一番見つけにくいのがサメビタキです。  「出ているよ!」との連絡を頂いて、やっと会えました。  。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/10/15 22:38
今年もここで越冬 オジロトウネン
今年もここで越冬 オジロトウネン  今年も3羽でやって来てくれました。  MFのオジロトウネンです。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/10/13 21:07
日焼けサロン帰りじゃないよ(2) ノビタキ
日焼けサロン帰りじゃないよ(2) ノビタキ  こっそり役者が入れ替わっているのか、それとも同じなのか、区別付け難い顔ですね。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 22 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/10/12 21:47
秋はひっそり渡ります キビタキ
秋はひっそり渡ります キビタキ  MFに姿を見せたキビタキ雌です。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/10/09 22:35
日焼けサロン帰りじゃないよ ノビタキ
日焼けサロン帰りじゃないよ ノビタキ  今シーズンも、MFにノビタキが立ち寄ってくれました。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 15 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/10/09 22:08
日中はかくれんぼ タシギ
日中はかくれんぼ タシギ  今年も、野川にタシギが来たようです。  毎年、この時期から翌年の春まで、野川の辺を散歩する人たちの目を楽しませてくれます。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/10/08 22:00
只モズと餌場争い シマアカモズ
只モズと餌場争い シマアカモズ  多摩川河口近くの公園に、シマアカモズが来たそうです。  アカモズの亜種ですが、関東では稀な旅鳥の類でしょう。石垣や西表など南西諸島では、御馴染みの鳥だそうです。  早速水曜日に遠出しました。というところですが、夏の間サボっていたため、自転車で往復する自信が無く、電車でお出かけです。  最寄り駅まで着くと、丁度バスが行ってしまいました。止む無く30分かけて公園まで歩きます。次のバスを待っても、結局着く時間はそれほど変わらなかったかも。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/10/03 22:07
ヒタキ祭りたけなわ(2) コサメビタキ
ヒタキ祭りたけなわ(2) コサメビタキ  そして更に数日後、こちらがMFのコサメビタキです。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 11 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/09/27 21:33
ヒタキ祭りたけなわ(1) エゾビタキ
ヒタキ祭りたけなわ(1) エゾビタキ  数日後、こちらはMFのエゾビタキです。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/09/22 22:33
ヒタキ祭り始まる エゾビタキ、コサメビタキ
ヒタキ祭り始まる エゾビタキ、コサメビタキ  野山の小鳥達も、漸く渡り始めたようです。  こちら、野川沿いの公園でも、何時ものようにヒタキ類が姿を見せました。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 17 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/09/19 22:11
《番外編》 湾奥のシギチ ダイゼン、ミユビシギ、オバシギ他
《番外編》 湾奥のシギチ ダイゼン、ミユビシギ、オバシギ他  東京近郊でシギチの種類が豊富に見られるところというと、何といっても矢張り三番瀬でしょうね。  谷津干潟のシギチも、その殆どは潮加減をみながら、ここと往復しているようです。  ということで、1シーズンに1回は行ってみましょう。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/09/15 23:25
《番外編》シギチは田圃で捜せ(2) コアオアシシギ、ヒバリシギ
《番外編》シギチは田圃で捜せ(2) コアオアシシギ、ヒバリシギ  翌日行ってみると、もうアカエリヒレアシシギの姿はありませんでした。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 11 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/09/13 23:22
《番外編》シギチは田圃で捜せ(1) タカブシギ、アカエリヒレアシシギ
《番外編》シギチは田圃で捜せ(1) タカブシギ、アカエリヒレアシシギ  MFの干潟は、このところシギ・チドリの入りが悪いです。  他方で、皆さんのブログを見ると、あちこちの田圃に色々なシギチが顔を見せている様子。  やはり田圃詣でしか有りませんか? ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/09/12 22:35
腰の白さがまぶしい アオアシシギ、アマサギ
腰の白さがまぶしい アオアシシギ、アマサギ  昨日は2羽見られたらしいアオアシシギですが、今日は1羽しか確認できませんでした。  キアシシギ、トウネンに続いての、MFへの立ち寄りです。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 13 / トラックバック 0 / コメント 2

2015/09/06 23:05
小さな旅人 トウネン
小さな旅人 トウネン  MFにも、漸く渡り途中の可愛いシギが立ち寄ってくれました。  秋色のトウネンです。4羽だけの小さな群れですが、毎シーズン立ち寄ってくれる、大事なお客さんです。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/08/27 21:54
《番外編》 初秋の干潟 オオソリハシシギ、ダイゼン、オバシギ他
《番外編》 初秋の干潟 オオソリハシシギ、ダイゼン、オバシギ他  「多摩川が駄目なら谷津干潟があるさ。」。という訳でもないのですが、このところ恒例化した干潟詣でです。  この時期、少し変わったシギでも入っていないかと期待したのですが、殆どお馴染みさんばかりでした。  曇天、逆光で、あまり色が良くありませんが、ご容赦を。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 14 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/08/25 23:08
鳴き声が聞こえない ツツドリ
鳴き声が聞こえない ツツドリ  トケン類(杜鵑と書いてホトトギスのことだそうです)などという難しい名前で呼ばれるカッコウの仲間ですが、大きさが違うとか、お腹の模様がとか言われても、遠目には判りにくいですね。  鳴いてくれればそれぞれ特徴的なんですが、なかなかそう都合よくもいかなくて。  今年もどうにか一枚だけ撮れました。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/08/24 21:47
真夏の耐久ツアー アオアシシギ、ソリハシシギ、ムナグロ
真夏の耐久ツアー アオアシシギ、ソリハシシギ、ムナグロ  何の因果か、ここ数年お盆前後に、下流の干潟を目指して、往復50km前後のツーリングをしています。  あ、いえ、自転車で走ることが目的ではなくて、秋のシギチドリの渡りの時期がそうなっているんです。  下流の干潟のほうが、見られる種類が多いので。  でも今年は、余り沢山の種類を見られませんでした。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/08/16 22:23
狩りの練習中 オオタカ若
狩りの練習中 オオタカ若  先日からMFにチョクチョク姿を見せていたようですが、私は久しぶりに見かけました。  まるでチュウヒか何かのような色ですが、眉斑が有りますからやはりオオタカですね。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 13 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/08/09 21:51
寂しい夏のMF キアシシギ、ウミネコ
寂しい夏のMF キアシシギ、ウミネコ  相変わらず寂しいMFだが、夏鳥の影といえばウミネコかコチドリ位。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/08/07 22:19
《番外編》 象もタジタジ? ホオジロカンムリヅル
《番外編》 象もタジタジ? ホオジロカンムリヅル  某国営放送の番組で見かけた、豪奢ないでたちのツル。  ウガンダの国鳥になっていることからも判るように、アフリカ東部のサバンナが主な生息地なんだそうです。  日本では動物園でしか見られないものと思っていましたが、調べてみると、割と近くに篭脱け?が居るそうな。  こんな綺麗なツル、是非一度はこの目で見てみたいもの。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 15 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/08/04 23:55
もう冬鳥? キセキレイ
もう冬鳥? キセキレイ  多摩川では冬の鳥だと思っていたキセキレイです。  先輩が見つけてくれました。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/07/31 22:18
誰が親で誰が子やら オオヨシキリ
誰が親で誰が子やら オオヨシキリ  野川沿いの池を何度か覗くたびに、オオヨシキリが飛び回っていましたが、もう殆ど鳴きません。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/07/29 23:17
《番外編》 臨海のコムクドリ、ササゴイ
《番外編》 臨海のコムクドリ、ササゴイ  鳥枯れのこの季節、鳥を求めて臨海部まで足を延ばしました。  コムクドリは渡りに備え、栄養補給に余念が有りません。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 2

2015/07/19 22:32
移動を始めたコアジサシ
移動を始めたコアジサシ  先日の雨の後、この地で営巣していたコアジサシの姿が、1羽も見えなくなりました。  夜のうちに多摩川が増水して、どこかに避難したのか、それとも、もう此処での繁殖に見切りをつけ、集結地へと移動したのか。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/07/15 22:03
《番外編》 砂山に舞うコアジサシ、道を横切るヒバリの子
《番外編》 砂山に舞うコアジサシ、道を横切るヒバリの子  強い風と波音を打ち消して、モーターパラグライダーのエンジン音が響きます。  小一時間ほど海岸線を歩いても先ほどまでウミネコ1羽しか見かけなかったのに、突然コアジサシの群れが飛び立ちました。  海水浴場に隣接しているため、浜遊びに来た人や、犬を連れて散歩する人が、知らずにか時折営巣地を突っ切って歩いて居ます。  大小何羽かの雛が、砂の上を走り回っていました。もう親より大きい子も、飛び回っています。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/07/14 22:58
《番外編》 鳥口密度超高 サギ山
《番外編》 鳥口密度超高 サギ山  隣県なのですが、ちょっと変わった鳥が見られるかもしれないと、遠出してみました。  まぁ結果は惨敗だったのでしたが。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/07/11 22:15
飛び回る子供達 ツバメ、カワセミ
飛び回る子供達 ツバメ、カワセミ  野川沿いを歩いていると、すぐ脇の草にツバメが留まりました。  まだ幼鳥ですね。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 13 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/07/07 23:43
頻繁に餌運び オオヨシキリ
頻繁に餌運び オオヨシキリ  野川沿いのいつもの公園の池、今年はオオヨシキリが入っているようです。  それも複数。もう来たての頃のように、大声で鳴くことは余りありませんが、時々思い出したように縄張り宣言。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/07/07 22:09
大きく育って高く羽ばたけ2 コアジサシ
大きく育って高く羽ばたけ2 コアジサシ  その後、元気な雛が次々に孵ってくることを期待したのですが、相変わらず1羽しか姿が見えません。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 36 / トラックバック 0 / コメント 2

2015/07/02 22:38
母の背中の温もり カイツブリ
母の背中の温もり カイツブリ  10日余りも前のこと、連絡を頂きました。本流で、カイツブリの雛が孵ったようです。  でも、川幅200m近い多摩川のほぼ真ん中に営巣しているので、どちらの岸からも豆粒にしか見えません。  この日はたまたま、親の背に負ぶさって、巣から出てきてくれました。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 9 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/06/25 22:36
こちらももう巣立ち ツミ
こちらももう巣立ち ツミ  何と、マンション脇の小さな小さな公園で、ツミが営巣してました。  雛達も、もうすっかり一人前の羽毛の色です。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 18 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/06/22 21:54
僕らは自分で採餌できるよ コチドリ
僕らは自分で採餌できるよ コチドリ  野川のひな祭りと言えば、カワセミ、カルガモと、このコチドリが代表的ですね。  今年も生まれていました。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 10 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/06/21 22:42
最後?の給餌 アオゲラ
最後?の給餌 アオゲラ  アオゲラの巣立ちが近そうだよと、聞きました。  午後からのんびり行ってみると、20人ほどのカメラマンが並んでいました。  既に昼頃1羽巣立ったが、まだ何羽か居そうらしいです。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 13 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/06/20 22:26
V.ミネリもビックリ イソシギ雛(2)
V.ミネリもビックリ イソシギ雛(2)  (6月撮影分です) ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 12 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/06/18 23:11
前に倣えっ! イソシギ雛(1)
前に倣えっ! イソシギ雛(1)  (5月25日以降撮影分です。当初、雛達はまだ飛ぶことも泳ぐことも出来なかったため、怖〜い人達から逃げられるようになるまで、ブログ掲載を見合わせていましたが、既に無事に飛び回っていることが確認されたようです。  これまでNet掲載自粛にご協力いただいた皆様、有り難うございました。) ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 23 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/06/16 22:13
コアジサシと一緒にカラスを追撃 ハジロクロハラアジサシ
コアジサシと一緒にカラスを追撃 ハジロクロハラアジサシ  鳥友から電話を頂きました。  「〇〇クロハラアジサシらしいのが、1羽飛んでたよ。」  沼アジサシの若鳥は見分けが難しいですが、ハジロクロハラならMFに出現するのは4年ぶり。  今年は結構あちこち出てるようですし、期待できるかも。早速、飛んでいきました(あ、羽は無いので自転車で)。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/06/14 22:01
給餌の合間にのんびり ツミ
給餌の合間にのんびり ツミ  ツミの雄、結構のんびりしている様にみえますが、大丈夫でしょうか。  早いとこ、元気なベイビーの姿が見たいですね。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/06/13 22:43
大きく育って高く羽ばたけ コアジサシ
大きく育って高く羽ばたけ コアジサシ  今年はもう雛の顔を見るのは無理だろうと、九割方諦めていましたからね。  連絡を頂いたときには、頭の上で雷が鳴っていましたが、「今日見ておかないと、明日はもう流されてしまうかもしれない」とMFの川原に駆けつけました。  しかし、矢張り中州は遠いです。双眼鏡で覗いても全く判りません。対岸からスコープで「もっと右。もう少し左。」と指示してもらい、座り込んでいるコアジサシを端からカメラに収めます。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 11 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/06/08 22:45
《番外編》 光物好きな森の宝石 ブッポウソウ
《番外編》 光物好きな森の宝石 ブッポウソウ  先日湾岸で見損なったと聞いた心優しき鳥友が、山の手の公園に出ていると教えてくれました。  この公園には、数年前にも入ったことがあるようです。  遠目には双眼鏡を使っても黒い鳥にしか見えませんが、写真に撮るとご覧の通り、「森の宝石」に変身します。と言いたいところですが・・・ ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/06/08 21:46
今年は近くに留まらない ホトトギス
 今年も、対岸の丘陵にその声が響き渡っているのですが、なかなか近くには留まってくれません。  たまに近くの木に来ても、上の方の枝の葉陰。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/06/05 22:26
モモヤマの山積み カルガモ雛
 カルガモの雛が出ていると聞きました。  そう言えば、今年は真面目に探していませんでしたか。  一説には、既に野川で今年5組目とか。 ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 9 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/06/02 22:25
《番外編》悲しい湾岸 オオヨシキリ、ソリハシシギ
 湾岸にブッポウソウと聞いて、「ま、間に合わないだろうけど、取り敢えず行ってみるか」と、性懲りも無く出かけました。  前回、コシャクシギも外しましたから、余り当てにはしてませんでしたけど。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 20 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/06/01 23:50
大勢でお邪魔しました キアシシギ
 毎シーズンきちんと、MFを訪れてくれるキアシシギ。  今年は次第に数が増えて、今月初めの最盛期には20羽超にもなりました。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 11 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/05/20 23:27
嫌われたって懸命に子育て ハシブトガラス、スズメ
 小鳥の卵を狙ったり、生まれたばかりの雛を襲ったりと、嫌われ者のカラスですが、彼らも子育ての季節です。  チドリを探す中州に、何時ものように数羽のカラス。  良く見ると、口の中が真っ赤です。雛でした。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 20 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/05/20 22:23
どこまで行くの アサギマダラ
 お目当ての鳥はなかなか見つかりません。  丘陵公園のベンチで一息ついてから、階段を下りかけて、目の前に1羽の蝶が羽根を休めているのに気が付きました。  そう、2000kmを旅すると言うあのアサギマダラです。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 9 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/05/18 22:16
人通りも気にならない ツミの夫婦
 連絡を受けて、公園に出向いてみました。  なるほど、数人のカメラマンと待っていると、ツミの雄が餌を運んできたようです。  雌は仕事を中断して、餌を受け取ります。  雌が食べ終わるのを待って、一頻り儀式。そしてまた、それぞれのポジションに戻りました。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/05/15 22:11
シギだけどチドリ足だぜぃ、ヒック トウネン
 漸くMF(マイフィールド)にも、渡りのシギらしい鳥が姿を見せました。  既に今シーズンも、谷津干潟ではその姿を見ていますが。  たった1羽だけでも、来てくれるとやっぱり嬉しいですね。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 14 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/05/15 21:02
生存をかけて イカルチドリ、コアジサシ
 川原で鳥探しをしていたら、対岸から電話を貰いました。  イカルチドリの雛が見えるというのですが、こちらからは逆光で良く見えません。  急いで対岸に回りました。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/05/05 22:49
押さないで、落ちちゃうよ エナガ
 友人から連絡を貰い、漸く巣立ったというエナガの群れを見てきました。  例年、2、3時間の違いで「エナガダンゴ」は見られず仕舞いのことばかりでしたが、今回運よくその場面に出会えました。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 19 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/05/03 22:34
元祖イクメン カイツブリ
 以前にも多分書きましたが、カイツブリの子育ては、かなり夫婦平等。  毎日見ていても、どちらが雄親でどちらが雌親か、分からないくらいです。  唯一のチャンスは産卵時に居合わせることだそうですが、それもなかなか。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 11 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/04/29 21:59
《番外編》 シギチ祭り(2) ミユビシギ、シロチドリ、ミヤコドリ
 谷津干潟への往き帰りに、葛西海浜公園にも寄ってみましたが、お目当ての鳥さんは昨日で抜けたようでした。  コアジサシが頭上を舞います。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 19 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/04/27 22:50
《番外編》 シギチ祭り(1) ダイゼン、ムナグロ、ハマシギ、トウネン
 多摩川にはなかなか渡りのシギチが入らないので、谷津干潟までプチ遠征です。潮周りが悪く、種類が余り見られませんでしたが、仕方ありません。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/04/27 21:26
くりくり目玉の アオバズク
 対岸のお山で、今日も夏鳥探しです。  階段を上り始めると直ぐに、遠くでキビタキの声が聞こえました。  これは幸先が良さそうだ。足取りも軽やかに、と行けばいいのですが、ふうふうと息を切らしながら、一段、もう一段。  もうすぐ頂上の広場―――といっても入口から数十mも上っていないのですが―――というところで立ち止まって、一頻り呼吸を整えます。  と、ふわりと滑空して、目の前の横枝に、一羽の鳥が留まりました。カラスにしては小さいし、ヒヨドリかと双眼鏡で覗くと、黄色い目、斑縦縞のおなか。  ... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 12 / トラックバック 0 / コメント 2

2015/04/24 22:19
何とか間に合った カワガラス
 前回、カワガラスを見に行き、見られたことは見られたのですが、雛への給餌にはタイミングが合いませんでした。  「カワガラスなら、昨日、間近で給餌シーンが撮れたよ」  そう教えていただいたのは、数日前でした。しかし、また雨続きの日々。  『幾らなんでも、もう間に合いますまい』  そうは思いながらも、来年に備えて、一応場所だけでも見ておきましょう。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 15 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/04/23 22:04
寂しいシギチの春の渡り(1) チュウシャクシギ、キョウジョシギ、メダイチドリ
 先月末の河口巡りは散々でした。  幾らなんでも、もう何か入っているだろうと、性懲りもなくまた出かけました。  しかし、居たのは、頭の黒くなったユリカモメ。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/04/22 22:00
パラパラと黄色い群れが マヒワ、センダイムシクイ
 野川沿いの公園の水場。そろそろ夏鳥が姿を見せてもいい頃なのですが、出が今一つ。  今日もコジュケイと遊んでます。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 21 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/04/18 22:10
《番外編》 オレンジ色の胸 コマドリ
 またまた雨続きの憂鬱な朝、その電話が鳴りました。  『ありがとう。行きます。』電話を切ると、支度も早々に電車に乗りました。  地図で、多分この辺りと見当をつけていた場所に着くと、カメラマンが2人。さっきまで数人居たが、雨で引き揚げたらしいです。  その鳥は、すぐ向かいで鳴いているのですが、全く姿が見えません。じっと待つうちに、やがて私一人になってしまいました。  昼になったので、駅前のコンビニでサンドを買って戻ると、今度はカメラマンが増えていました。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 13 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/04/14 22:05
やっと渡り鳥らしい鳥が増えてきた コムクドリ
 鳥友が昨日コムクドリを撮ったと聞いてMFを歩いていると、顔見知り数人も同じ鳥を探していました。  この鳥も、ノビタキ同様、律儀に、春と秋の渡りの途中で立ち寄ってくれます。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/04/12 21:28
春色に染まる タヒバリ、オジロトウネン、ハチジョウツグミ
 一時は換羽の途中でボロボロだったタヒバリも、春色が定着していい雰囲気になってきました。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/04/10 23:01
《番外編》山の喉自慢 オオルリ、ウソ、イソヒヨドリ
 3日ぶりの晴天となったこの日、突然思い立って、『そうだ。鷹の渡りを見に行こう』  去年も今頃が春の渡りのピークだったようです。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 12 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/04/09 22:10
水際でFlying catch ノビタキ
 多摩川の土手下を歩いていると、ジョウビタキの雌の縄張りで、盛んに上下しながら虫を追う動作をしている鳥を見かけました。  『あれ、一寸早いけど、あの動きはノビタキかな』 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 13 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/04/04 22:45
《番外編》 ついに会えた赤い鳥 オオマシコ
 2年前に御岳山で見損なったオオマシコが、今年も多摩川の上流付近では出ていたようです。  しかし、私は車が使えないので、バス停から遠く離れたところでは、パスせざるを得ません。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 21 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/04/02 23:31
僕も仮面舞踏会に入れて ハジロカイツブリ
 そろそろ、シギチの渡りの季節到来ですね。  ということで、久しぶりに多摩川の河口を目指しました。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 10 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/03/30 21:44
MFにも来ました キレンジャク、ウグイス
 対岸のお山を歩いていると、顔見知りの方から声を掛けられました。  「キレンジャクがいますよ」 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 15 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/03/26 22:56
カラフルなカラス カケス、ルリビタキ
 川向こうの緑地にまだ居ました。こちらは正真正銘、カラスの仲間です。  だからって真っ黒いわけではないですよ。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 10 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/03/25 22:48
《番外編》 ウに紛れて クロサギ
 普段川の鳥ばかり見ていて、海鳥を見る機会は殆ど有りません。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 22 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/03/23 22:32
《番外編》 思ったよりも小柄 シジュウカラガン
 昨日帰宅してから、あらためて地図を見直していて、気がつきました。「何だ、ここか、見つけたかも」  うん、ここなら、情報Aも、情報Bも、クリアーします。何と、今まで別個体の話だと思い込んでいた、情報Cまでもが適合するではありませんか。  〈合致確率95%〉位でしょうか。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 9 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/03/22 22:47
 《番外編》 健康増進の日=歩け歩け キジ、オオジュリン
 関東では、偶にしか見られなくなってしまった鳥が、東の隣県にいるようです。  次第に情報が絞られてきたので、見切り発車で、昔来ていたと言う沼へ行ってみました。  『けどここだったら、もっと早くに情報が広まっているはずだよな』と半信半疑ながら?! ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 17 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/03/21 23:48
桜の蜜も吸ってます キレンジャク
 今年は、キレンジャクの当たり年だったようです。  まあ、南関東に限ってのことでしょうが。  「北の隣県で、赤、黄、入り乱れてるよ。」  「南の隣県では、桜バックに黄色い群れが撮れるらしい。」 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 12 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/03/18 22:20
水府流の使い手か カワガラス
 多摩川も、日頃見慣れた中下流域から上流域に目を移せば、ヤマセミなど、これまでに見たことの無い鳥に会えることは、分かっているのですが。  自転車で行くには遠すぎるし、電車とバスを使うのも大変だし。  しかし、まあ支流ならそう遠くまで行かなくとも、それなりに、渓流の雰囲気が楽しめて、変わった鳥が見られるかもしれません。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 21 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/03/15 22:10
成幼揃ってお出まし オオタカ
 最近、ハヤブサの陰に隠れて、やや存在感が薄れているオオタカですが、今日は久々に綺麗な成鳥が姿を見せました。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 13 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/03/13 21:23
そろそろお別れ? オジロトウネン、タヒバリ
 毎年のように多摩川のMFで越冬するオジロトウネンですが、今年も一冬楽しませてくれました。  でも、そろそろお別れですね。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 9 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/03/10 21:36
《番外編》 珍水鳥のオンパレード アカハシハジロ、アオハクガン他
 そうそう、こちらが、子供動物園にいた水鳥です。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 14 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/03/08 23:35
《番外編》 白眉がキリリと シマアジ
 ネット上でその鳥の情報を確認したのと相前後して、鳥友からもメールが入りました。  しかし、今一場所が絞り込めない。2km四方ほどの初めてのエリアの中を、どう探せば良いのか。二日出て、その後の二日は週末も含め情報が無いというのも、やや気に掛かります。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 16 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/03/08 22:42
声はすれども姿は豆粒 アカゲラ
 今日も雨が降ったり止んだり。こんな日は東屋がある公園でノンビリしましょう。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/03/07 22:39
婚活にでもお出かけ? オシドリ
 多摩川の葦原で小鳥を探していたんですが、ふと流れの中ほどを見ると、カモらしき鳥影が4羽。  さっきまで川岸で休んでいたコガモかなと思いましたが、何だか頭が赤っぽく見えます。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 18 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/03/06 21:56
帰る日も間近か ミヤマホオジロ
 以前、草の陰で撮ってから、其れきりになってましたネ。  居なくなって仕舞う前にと思い、今回、久しぶりに様子を見てきました。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 14 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/03/05 21:47
どこで逸れたか キレンジャク
 その鳥は、雨の日曜日に来たんだそうです。何でも、探鳥会のメンバーが見つけたんだとか。  関東ではなかなか会えないんですよ。ヒレンジャクの大きな群れに、偶に1、2羽混じるらしいんですけど。  大抵は見たと聞いて行ってみても、「出たのはあの日1日限り。もう抜けました」と言うことが多いんです。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 15 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/03/03 21:40
漸く10羽の群れに出会えた ヒレンジャク
 今年は鳥運が悪いのか、何処に行っても、出会えるレンジャクは1羽か、良くて数羽の群れ。  なかなか群れと言うほどの群れにはお目にかかれませんでしたが、ようやくこの日、10羽の群れが来てくれました。  しかし、留まる場所が悪く、団体記念写真は断念。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 10 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/02/25 22:26
たった1羽でお留守番 イカル
 晩秋に群れが通過した話を聞いてからも、なかなか出会えませんでした。  ここに来て、漸くご近所の公園にも、姿を見せ始めた様子。  場所を教えてもらい、行ってみました。あわよくば、コイカルでも混じっていないかと期待も。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/02/23 22:06
お腹が空いたよ ベニマシコ
 別の鳥を探していたのですが。  川原を歩いていると、後ろから小鳥が追い越して、目の前の草むらに入りました。  「おや、誰だろう?」 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 20 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/02/16 22:35
そろーりそろりと クイナ、ゴイサギ
 レンジャクの公園。最近出が悪いらしく、カメラマンが殆ど居ません。  諦めて園内を一周します。と、予想外のところでカメラマン集団を発見。  しかし、レンズの先には何も居ません。聞けばクイナが居るんだそうです。だったら、もう少し下がらないと。  皆で下がったら、早速出てきました。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 9 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/02/16 21:49
縦縞か横縞か アメリカコガモ
 と言っても、野球のユニフォームの話では有りません。  日本のコガモとアメリカコガモでは、体側の白線の向きが違うんだそうです。  「そんなの、どうだっていいじゃん」 余り野鳥に興味の無い方なら、その一言で片付けそうですが、そうはいかないのが撮り鳥の世界。  今年は、そのアメリカコガモが、結構日本に来ているようです。  関西で出たらしい。埼玉の沼にも居るそうだよ。ガソリン代をかけて、追っかけが始まります。  でもこちとらは、車を持たない身の辛さ(気楽さ)。そんなに来てるなら、MFの多摩川... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 13 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/02/15 21:54
明日も晴れるかな ヤマガラ、クロジ、ルリビタキ
 余り歩き回る気になれない時は、ここで顔見知りの皆さんとお喋りしながら、鳥を待つのが気楽です。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 19 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/02/14 22:21
《番外編》ツタンカーメンの鶏冠 ヤツガシラ
 もう抜けたかと思ったら、まだ何日おきかに出ているらしいと聞いて、中一週間開けての再訪です。  何故一週間も空けたかって?一回目に四つん這いになって探したら、膝小僧を擦り剥いてしまったからですよ。  膝を曲げ伸ばしする度に傷口が開くので、この一週間家でおとなしくしてました。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 10 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/02/10 22:11
日溜りにて コゲラ、ホシゴイ、タシギ
 川縁の自販機で缶コーヒーを飲んでいたら、目の前の桜の木にコゲラが留まりました。  意識してるのか、してないのか。次第に近づいてきて、もうピントが追いつきません。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 14 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/02/09 21:58
団体さんはもう通過? ヒレンジャク
 そろそろ来る頃かな。様子を見に行かないといけないな。と、考えていたら、「来てますよ」のメール。  しかし翌日、そのまた翌日と、空振り続き。  気持ちを切り替え、数日措いてから、午後遅い時間にまた出かけました。  このところの常連さんは、殆ど諦めて引き払ったらしく、居たのは顔見知りばかり数名。  予想通り16時半になってから、1羽だけほんの少しの間、顔を見せてくれました。今シーズン初見です。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 12 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/02/01 22:13
花芽は全部食べないで ウソ
 別の鳥を探しに行った多摩川沿いの公園でしたが、現れたのはウソとシロハラ位。  ウソだけは何組か居ましたが。桜の新芽に夢中で、ずっと同じ木に止まりきり。  観賞用に、少しは芽を残しておいてよ。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/01/24 23:04
《番外編》 マシコつながりで ハギマシコ
 多摩川で見られる〇〇マシコといえばベニマシコくらいです。2年前には上流沿いにある東京の霊山にオオマシコが来たそうですが、行くのが遅れ、見損ないました。  今回、隣県の湖には毎年ハギマシコが来るよと聞いて、バスで出かけてみました。  地図で見ると、湖(人造湖)の周りに周回コースがあるので、それほどキツイ道ではなかろうと高を括っていたら、大間違い。  バス停から湖の北側に出る道のりは、ハイキングコースになってました。休憩所の一つは低いながらも山頂で、M市最高点(標高365m)の看板がありまし... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 20 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/01/19 22:36
赤い雄はどこに ベニマシコ
 今シーズンはわりと早いうちから姿を見せたベニマシコでしたが、次第に影が薄くなりました。  特に最近は、赤い雄を見かけません。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 12 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/01/18 22:36
《番外編》 たかがムクドリ、されど・・・  カラムクドリ
 鳥友から連絡を頂き、翌朝早速出かけることにしました。  ムクドリといっても、そんじょそこらのムクドリとは大違い。品格が有ります。眼つきは余り宜しくないですが。  まず、生きているうちに、もう一度東京で会えることは多分無いでしょうから、行ってみましょう。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 16 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/01/17 23:00
ワインレッドの翼 アオバト
 野川沿いの公園で、アオバトが出ているよと電話を頂きました。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 15 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/01/14 22:06
《番外編》 三度目の正直3 コハクチョウ、ノスリ
 ところで、ここの小山川の土手に座ると、目の前に、日光、赤城、榛名などの山々が、真っ白に雪の帽子を被って立っています。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 16 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/01/14 00:09
《番外編》 三度目の正直2 ナベヅル
 一度、何を思ったか、対岸の土手を登り始めました。  しかし、途中で気が付いたようです。「違う、こっちじゃなかった」  ジャンプして、川に戻りました。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 12 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/01/13 23:13
《番外編》 三度目の正直1 ナベヅル
 暮れから彩の国にツルが来ていると聞いていましたが、場所が確認出来たのは大晦日。  鹿児島まで行けばゴマンと、いや1万羽以上も居るようですが、関東では超レアもの。  年が明けて、二日と四日に行ってみましたが、もう抜けたのか空振りでした。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 12 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/01/13 22:23
公園の下草に埋もれて ビンズイ
 そろそろ来ているはずと思って、以前見かけた公園を回ってみました。  日陰を好むためか、なかなか見つかりません。広い公園を回って、ようやく3羽見つかりました。  赤松の実が弾けて落ちた下草のなかを、ちょろちょろと動き回って、採餌しています。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 11 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/01/10 22:57
なかなか解けない警戒心 ルリビタキ
 ルリビタキも大分前に到着していた筈なのですが、一、二度暗がりで見かけたきりで、まともな写真が撮れて居ませんでした。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 22 / トラックバック 0 / コメント 2

2015/01/10 00:18
お食事中お邪魔しました オオタカ
 いつものように多摩川の川原を歩いていると、カラスが数羽頭上を飛びました。  そのうちの一羽は、足の下に何かぶら下げていました。  あれ、カラスじゃなくてオオタカだったかな? ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 10 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/01/09 23:57
お目出度い正面顔 トモエガモ、ノスリ
 河口に程近い公園です。  チョビッと黄色い鳥が入ったと聞き、行ってみましたが、これも1日だけだったようです。  尤も、発見されたのが休み明けでしたから、ひょっとすると正月休みの間居たのかも知れませんが。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/01/07 21:55
黄色いカクレンボ マヒワ
 友人とMFを回っていたときに、彼の電話が鳴りました。  丁度、この後行こうかと思っていた対岸の公園に、黄色い小鳥が出たとのこと。  急いで向かいます。  途中で電話の主に会い、詳しい場所が聞けました。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 21 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/12/31 20:25
背中で呼ぶ声 ミヤマホオジロ
 前にも書きましたが、今年の冬鳥は種類はそこそこ出ているのですが、数が少ない所為か、出会うに結構苦労します。  赤い鳥、青い鳥が撮れれば、次に撮りたいのが黄色い鳥。  川向こうの公園に出たときには、残念ながら撮り損ねました。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 10 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/12/26 22:47
ピンクのテーブルナプキン ウソ
 向こう岸の丘の公園にウソが来ていると、聞いてはいたのですが、行くのが遅くなりました。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/12/24 22:31
《番外編》 強風でファインダーからこぼれる2 ハイイロチュウヒ
 そのツクシガモを撮ろうと、葦原内の道に足を踏み入れた途端に、目の前数十mのところを、ハイイロチュウヒの雄が、金色の夕日を浴びて舞いました。そうでした、ここはハイイロチュウヒのメッカでした。  カメラを仕舞ったままだったことが悔やまれますが、人生初見、多くの鳥見人たちが憧れる姿を目の当たりにして、言い知れぬ感動が胸中を過ぎりました。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 16 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/12/23 23:12
 《番外編》 強風でファインダーからこぼれる1 オオモズ、ツクシガモ
 周囲に風を遮るものの無い谷中湖には、三角の白波が立っています。風に乗ってウィンドサーファーが突っ込んでくると、そのまま宙を飛んで、岸まで上がって来そうです。  途中で、お一人でケアシノスリを撮っていたカメラマンに、オオモズが出ている場所を教えていただきました。  風が益々強まり、橋を渡る間にも吹き飛ばされそうです。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/12/23 22:27
 《番外編》 白鳥が来る沼 コブハクチョウ、ミコアイサ雌他
 渡良瀬にオオモズが出ていると聞きました。  『渡良瀬?、遠いなあ!』 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 13 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/12/23 21:29
引っ越しました ヨシガモ
 MFから何時の間にか姿を消していたヨシガモ。久しぶりに会えました。  この日、別の鳥を探しに、多摩川のやや上流へとペダルを漕いでいた時に、川面に浮かぶカモのなかに色違いのものを見かけました。  土手を下ると、特徴のある緑色の帽子が4つプカプカと浮かんで、対岸に向かいました。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/12/21 21:53
都市公園周辺の住人 オオタカ、シメ、シロハラ、ツグミ
 こう連日寒い日が続くと、ついつい近くなります。  そんな時、公園は頼れる存在。「ちょっとお借りしますよ」  別にたいした用がなくとも立ち寄ってしまい、どうせ来たのだからと、一回り木立の上に鳥の姿を追います。そんな都市公園の住人達です。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/12/17 21:45
《番外編》 開園時間中限定です アカハジロ?
 「都心の公園にアカハジロが居るよ」と、鳥友に教えていただきました。  未見の鳥ですので、何がしかの入園料と交通費を払ってでも、行ってみましょう。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/12/15 22:45
執拗に迫る魔手 アメリカヒドリ、ハヤブサ
 去年会ったアメリカヒドリを見に、10kmほど多摩川の下流を目指します。  今年も来ていてくれるでしょう。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 15 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/12/14 21:58
足に噛みつかれたっ カンムリカイツブリ、ハジロカイツブリ
 MFから3km程上流にはカンムリカイツブリ8羽とハジロカイツブリ4羽が居ます。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 15 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/12/12 21:58
新混群 アトリ
 話は聞きながら、まだ今シーズン出会えていなかった鳥の一つがアトリです。  野川から程近い都市公園で出ていると聞いて、行ってみました。途中の小さな公園では、カメラマン数人が鳥待ち。青い鳥のようです。  しかし、私の前に姿を見せてくれたのは、ジョウビタキだけ。おや、君、キューピッドに胸を撃たれたね。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 12 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/12/10 21:32
《番外編》金太郎と金次郎
 この日渡った、とある橋の欄干に、こんなものを見かけました。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 12 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/12/09 23:57
《番外編》ノンビリ昼寝 カワアイサ2
 居ました、居ました。川の中州に、全部で19羽。途中、すれ違った2羽と、後から飛んできた1羽を加えると、全部で22羽。ご近所の方の話とも符合します。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 14 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/12/09 22:34
《番外編》ノンビリ昼寝 カワアイサ1
 このところの余りの鳥運の無さに、突然思い立って、隣県のカワアイサに会いに行ってきました。  多摩川でも稀に見られますが、まだ雄を見たことは無かったかも知れません。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/12/09 21:33
《番外編》残紅葉
 あちらこちらで、冬の鳥の噂をチラホラと耳にするのですが、いざ出かけてみると、なかなか遭えなかったりして、歯痒い想いばかりの今日この頃。  気を取り直し、少し遠出してみました。といっても隣県のお山ですが、初めて出かける場所。電車とバスに揺られて2時間ほどです。  バスの同乗者は、殆どが私よりも年配の、ハイキング客のようです。実は50年余り前に、この山の南面に続く丹沢の麓に、暫く住んでいたことがありました。  結構蛭が多いので、余り好きになれませんでした。  途中、バスを待つ駅前では、頭上... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 2

2014/11/27 21:36
食後の長湯 オオタカ
 今日はまず多摩川の川原を歩いてみましたが、予報よりも雲が厚い所為か、鳥影が薄いようです。  気を取り直して、野川近くの公園に出掛けてみました。  観察窓に大勢集っているということは、園内にはたいした鳥が出ていないということでしょうか。  私も皆さんと窓を覗いてみました。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 20 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/11/24 21:51
よく柿食う隣の客は? メジロ
 そろそろ青い鳥でも来ていないかと、久しぶりに覗いてみた対岸の公園ですが、遠くの声だけで期待はずれでした。  アオゲラ、シロハラなどはちょろちょろしていたものの、絵にならず。  メジロだけが遊んでくれました。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 13 / トラックバック 0 / コメント 2

2014/11/23 22:30
頭はかなりアオいのですが アメリカヒドリもどき
 野川沿いの公園です。今年もヒドリガモの群れが入り、カルガモたちは既に野川に避難した様子。  気の強いバンが辛うじて居残り。オオバンの姿も見られます。  と其処に混じって、アオイ頭の鳥が1羽居眠りをしていました。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 12 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/11/22 22:17
やっと出会えた野川の定番 タシギ
 冬の野川と言えば、渡り鴨御三家と並び外せないのが、このタシギでしょう。  既に二月近くも前から来ていたのですが、どうせ幾らでも撮れるからと、余り真面目に探していませんでした。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 18 / トラックバック 0 / コメント 2

2014/11/21 23:24
カラスがうるさくて ハヤブサ
 多摩川の葦原を覗いていると、背後の礫州がえらく賑やかです。  余りに騒々しいので、どこかに猛禽でも飛んでいるのかと振り返ると、カラスに囲まれて目の前から飛び立った黒い影は、丁度食後の水浴び、羽繕いを終えたハヤブサでした。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/11/16 22:15
カササギに橋渡しを頼んでみる? ベニマシコ雌
 多摩川左岸には雄が居ましたが、こちら岸の去年と同じ木に留まるのは、ベニマシコの雌。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 17 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/11/14 22:31
夕日を浴びて3 オオバン
 クイナ科の鳥ですが、代表のクイナは出会う機会が少ないのに、こちらは冬になると団体さんで闊歩しています。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/11/13 22:40
芋の子洗い ムクドリ
 このところ、ムクドリの群れが大きくなっています。  暑い盛りにはよく小集団で砂浴びをしていましたが、今日は暑くもないのに集団で水浴び。  その賑やかなことと言ったら・・・ ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 10 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/11/12 21:41
金太郎飴 コミミズク
 鳥友からの折角のメールに、気付くのが遅れました。  川原に着いた時には、ほぼ1時間が経過。「もう居ないだろうな」、「とっくに飛んでっちゃったよ」  そう言われることを覚悟していました。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 15 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/11/08 21:29
スズメの串刺し
 そろそろスズメもまあるく膨れて、押し競饅頭を始める季節です。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 11 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/11/05 22:24
まだ残ってました キビタキ雌、ノビタキ
 一雨ごとに吹く風の冷たさが実感されるこの頃ですが、林の中にはまだキビタキ雌の姿が見られます。  雄はもう殆ど見られないのですが。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 14 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/11/04 23:05
こちらも冬の常連 ユリカモメ
 こちらも毎年のように、冬が近づくと、多摩川中流域にも姿を見せるユリカモメです。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 15 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/11/03 22:36
冬の鳥が続々と3 ジョウビタキ
 暫く前から、川原にジョウビタキの声が響いていたのですが、漸く撮れました。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 10 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/11/02 22:24
このまま越冬するか オジロトウネン
 最初に姿が確認された後、暫く見えなかったと思ったら、また現れて。  1羽しか姿が見えない日もありますが、どうやらこのまま越冬するつもりかも知れません。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 13 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/10/30 22:45
冬の鳥が続々と2 アオジ、オオジュリン、シメ
 朝のうちに川原を歩くと、葦の陰からいろいろ小鳥の声が聞こえるのですが、なかなか姿を見せません。  それでも、次第に冬の鳥が、数を増しているようです。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 10 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/10/30 21:45
冬の鳥が続々と1 ベニマシコ
 昨日は強い北風が吹きました。  これに乗って、冬鳥などが来てくれれば、川原も又賑わいを取り戻すのですが。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 10 / トラックバック 0 / コメント 2

2014/10/29 22:20
夕日を浴びて2 マガモなど
 8月の終わりに、コガモの姿を見かけてから、2ヶ月余り。  多摩川のMFでの鴨の種類も数も、大分増えました。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/10/27 23:36
夕日を浴びて1 カンムリカイツブリ
 多摩川の土手下を自転車で走っていたら、電話で呼び止められました。  「知らん顔して通り過ぎて、何処行くんですか?」  「あれ、誰も三脚持っていないから、釣り師か、散歩の人かと思っちゃいましたよ」  「カンムリカイツブリが来てますよ」 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 9 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/10/27 23:19
田圃が無くても タヒバリ
 今年も、多摩川の川原に、この鳥がやって来ました。  名前に「ヒバリ」と付いても、セキレイの仲間です。  歩きながら尻尾を振る動作も、セキレイと似てますね。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 12 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/10/25 22:49
今度はMFにも登場 ハジロカイツブリ
 またまたハジロカイツブリが出たそうです。  今度は、前回よりも2km程下流。つまりMFです。  ほかに何も出ないし、天気も良いので、逆光でも数打ちゃ何とかなるでしょう。  行ってみると(只)カイツブリが数羽。さほど遠くないところに、1羽だけやや首の長いシルエット。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 15 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/10/19 22:22
グルリと輪を描きご挨拶 ミサゴ、ノビタキ
 このところ多摩川のMFでも、ちょくちょくミサゴを見かけるようになりました。  今朝は頭上を通過するときにこちらに気がついて、ぐるりと一回転してご挨拶。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 12 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/10/16 22:32
《番外編》忍法柳葉隠れの術 オオタカ若
 その日のこと。一旦は空高く舞い上がったコウノトリを追って、移動する途中、遊水地の水面低くかすめる茶色い影に目がいきました。  「あれ、オオタカの若じゃないか?」 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 16 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/10/14 23:28
《番外編》こちらも台風を避けたか コウノトリ
 台風19号が接近しつつあった12日、湾岸の公園上空を、コウノトリ7羽が飛んだという話を聞きました。  同じ日に、隣県の遊水地に、コウノトリ1羽が舞い降りたと言う情報が入りました。  関東では滅多に見られない鳥。しかし、1日で抜けるだろうし、翌日(つまり昨日)は台風通過で大雨の予報。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 11 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/10/14 22:32
小さなウグイス? メボソムシクイ
 キビタキを撮っていると、頭の上を小さい鳥がうろちょろしています。  ムシクイの種類は、現場では殆ど見分けがつきません。この季節では囀ってはくれませんし。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 10 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/10/12 22:22
台風を嫌って避難? カッコウ
 同じく多摩川の川原です。トケン類が居るというのですが、どうも大きいのでカッコウではないかと言う話。  初夏のように鳴いてくれれば、直ぐに分かるのですが。  蜂に睨まれながら暫く待ってみると、地面からピョコンと枝に乗り移る鳥が。  そっとファインダーを覗くと、向こうも枝の影に半分身を隠して、こちらの様子を窺っていました。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/10/11 22:19
川原でもご近所の樹林でも キビタキ、アマツバメ
 今年はキビタキの当たり年。  ご近所の樹林でも、多摩川の河川敷の林でも、「石を投げればキビタキに当る」と言われるほどです。  あ、危険だから試さないでくださいネ。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/10/10 22:37
覗き窓の向かいでポーズ ホトトギス、カケス
 オオルリの雄が来たと言う話でしたが、その公園に行ってみるとカメラマンも殆どいません。  ぐるりと一回りして最初の場所に戻ったところで、カケスの群れが頭上を越えていきました。  後を追っていくと、「ホトトギスがいるよ」  観察窓の正面の特等席で、ポーズをとってくれました。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/10/08 23:15
早速一等席の争奪戦 アリスイ、モズ
 「アリスイが出た」の知らせで行ってみると、知り合い数人がカメラを向ける先に、折り良く姿を現しました。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/10/07 22:43
遅めの顔見世ですが ウズラシギ、アオアシシギ
 「トウネンよりも大きいシギが居るよ」と聞いて駆けつけると、ウズラシギでした。アメリカウズラシギは前に撮ったのですが、こちらは初撮りです。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/10/04 22:07
居心地が良いと渡りを忘れそうで ノビタキ
 同じ個体がこれほど長居しているとも思えないので、入れ替わっているのでしょうが。  それにしても今年のノビタキは、ゆっくり楽しませてくれてます。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/10/03 22:29
川沿いまで降りてきました エゾビタキ、キセキレイ
 今年は秋が早かった所為か、ヒタキ類も丘陵の公園だけでなく、河川敷の樹林にまでどんどん下りてきています。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/09/30 22:17
樹の瘤が動き出す ヨタカ
 なかなか撮影機会に恵まれなかった鳥でしたが、鳥友の助けで漸く撮れました。  夜行性というだけ有って、初めは木の枝にベタッと張り付いて、目を閉じたまま。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/09/29 23:20
危ないよ!轢かれないでね キンカチョウ雄
 数日前に話を聞いたのですが、なかなか見つかりませんでした。  どうやら川の反対側を探していたようです。  以前に、多摩川でカエデチョウを見たことがありますが、この鳥キンカチョウはその親戚。こちらも篭脱け鳥らしく、人怖じしません。  すぐ脇を歩行者や自転車が通っても、全く意に介しません。「地べたリアン」そのもの。通行人が鼻先にスマホを突きつけたら、流石に飛びましたが。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 9 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/09/28 22:53
タカの渡り サシバ、ノビタキ
 いつものMF。樹上に止まるエゾビタキを見上げていると、その背後に虫が舞うような気配。  双眼鏡で覗いて、漸く鳥が思い思いに輪を描きながら、上昇気流に乗っているのが分かりました。  昇り遅れてやや大きく見える鳥のシルエットは、確かに猛禽のそれです。  慌ててカメラを取り出すうちにも、その群れは上昇を終えて、西北の方角に向け移動を開始します。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/09/27 22:30
青い鳥も山を降りて オオルリ若雄
 ここなら何か居るだろうと久しぶりの公園に行ってみると、出迎えてくれたのは上空を飛ぶオオタカ成鳥。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/09/26 22:38
赤い実を食べた アカゲラ、アオゲラ
 オオルリの雄が出たとの話に行ってみると、そちらはもう抜けたようでしたが、「アカゲラが来てるよ」。  「ヘ?もうアカゲラ?」  確かにこの2、3日、あちこちのブログでアカゲラの話は目にしていましたし、この秋の鳥の移動は、例年に比べやや早めではあるのですが。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/09/23 22:00
もう来たの? オジロトウネン
 毎年のようにMFで越冬するオジロトウネンが、今年も到着しました。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/09/22 22:27
トウネンがいっぱい
 初めは2、3羽だったMFのトウネンですが、このところ合流する組が増え、現在11羽。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/09/21 22:51
お山も秋の気配2 オオルリ雌、ツミ
 お山の公園も、少しづつ秋の気配が深まっていく様子。  傾き行く秋の陽に照らされて、頭の上で輝くのはオオルリ雌でしょうか。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/09/21 22:36
カイツブリが怖いんです ハジロカイツブリ
 ハジロカイツブリが居ると聞いて、早速2km程上流に行ってみました。ただここは川幅が広く、逆光になるので、見つけるのも一苦労です。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 11 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/09/17 22:36
今頃子育て ホオジロ夫妻
 多摩川の川原で、秋の渡りのノビタキを探していて、奇妙な色合いの小鳥に会いました。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 12 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/09/15 22:20
お山も秋の気配 エゾビタキ、コサメビタキ、サンコウチョウ
 お山の公園にも、少しづつ秋の気配が漂い始めました。  例年よりも早めに、ヒタキ祭りが始まったようです。  まずはエゾビタキです。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/09/14 04:12
見上げすぎて首が痛い ツツドリ
 丁度、多摩川のMFにキリアイが出た頃、都内の公園にツツドリが入りました。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 12 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/09/07 22:23
いつもの風景 クサシギ、ソリハシシギ、セイタカシギ
 またまた、シギチ探しのピルグリミッジで、ギコギコ河口に向かいます。  出迎えはいつもの通りウミネコと、 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/09/06 23:13
《番外編》田圃の人気者 タマシギ親子、エリマキシギ、アマサギ
 前回、タッチの差で見損なってしまったタマシギですが、その後の話では、どうやら戻って子育てをしていたようです。  皆さんのブログを見ると、パパさんが雛を連れて、あぜ道を歩いています。  未見の鳥です。もう一度行ってみましょう。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/09/04 22:47
MF初出か キリアイ
 昨日の続きで、ハマシギを撮りに多摩川のMFに向かいます。  おや、今日は3羽居ますね。  でも、後から合流した1羽は遠慮がちで、なかなか傍に寄ろうとしません。  鳥までの距離が数十m有り、川面が雲を映して光るため見辛いのですが、他の2羽よりも換羽が進んでいるようで、胸も肩口も白っぽく見えます。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 13 / トラックバック 0 / コメント 2

2014/08/29 21:49
黒い腹は夏の名残り ハマシギ
 今シーズンのMFは、トウネンとキアシシギ以外、渡りのシギチがちっとも姿を見せません。    「ハマシギが居ますよ」そうメールを頂いたのは、8月も終わりに近づき、早めの秋雨前線に、家でお茶を挽いていた時でした。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/08/28 22:36
寂しいシギチ ソリハシシギ、アオアシシギ、ムナグロ
 お盆も明けて、例年ならシギ・チドリの秋の渡りも本格化する頃です。  今年も、お盆の前と後に、河口周辺を見て回りましたが、居たのはごく代表的な種類だけ。  それでも、「昨日は河口付近に〇〇が居たよ」、「今朝は〇〇を見たよ」などと多少は話を聞いたのですが、自分の目で確認することは叶いませんでした。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/08/21 21:27
《番外編》木陰から夏祭見物 アオバズク
 「アオバズクならもっと近くでも撮れるよ」そう聞いて、三度挑戦です。  今度は隣県でもこちらの県境に近い場所。しかし行ってみると、カメラマンは一人しか居ません。  話を聞くと、巣立ったばかりの頃は、非常に撮りやすかったため、大勢来ていたようです。  しかし、今の樹に移ってからは、葉が被って撮りにくくなったため、一人また一人とカメラマンが姿を消したそうです。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/08/19 23:15
ここまで白いか? ムクドリ幼鳥
 ムクドリの幼鳥の写真はネット上でも結構見かけますが、ここまで白いものは、余り見たことがありませんでした。  嘴や頭の模様から、ムクドリ幼鳥で間違いないと思いますが、羽先や目を見る限りアルビノでもありません。  ムクドリは集団で行動することが多いのですが、周囲に親の姿も、兄弟の姿も有りません。一瞬違う鳥かと思いました。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/08/12 22:20
背中も暑い カイツブリ
 「カイツブリの親子が居ますよ」 折角メールを頂いたのですが、駐輪場に止めておいた自転車を、夜のうちにパンクさせられたようで、動きがとれません。  今日は水曜で、自転車屋がお休み。この日を狙って悪戯されたか。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 11 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/08/07 22:16
炎天下の給餌 カワセミ
 なかなか並んでくれなかった野川の翡翠雛ですが、ここに来て、団体での巣離れが目立ち始めたようです。  「雛が2羽で給餌を受けていたよ」と言う話を聞いて、その場を覗いてみると、何と4羽の雛が近くをうろうろしていました。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 17 / トラックバック 0 / コメント 2

2014/08/04 22:21
今年は二番手に甘んじる キアシシギ
 今年はトウネンに、秋の渡りの先を越されたキアシシギでしたが、辛うじて七月中に1羽だけ、MFに顔を見せました。  昨日到着したそうです。  川原は暑いので、さっと撮って引き揚げようとしたのですが、姿を見つけるまでに、大分時間がかかりました。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/08/01 22:37
秋の渡り一番乗り トウネン
 2、3日前からMFに、遠目には「イソシギよりやや小さめに見える鳥が居るような?」と思いながら、ちゃんと確認できていませんでした。  今日あらためて見ると、早くもトウネンの秋の渡りでした。シーズン一番乗りです。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/07/30 22:21
団地住まいの子供達 イワツバメ
 先月初旬、多摩川の河口に行った帰りにここを通りかかった時に、頭上に200〜300羽ほどのイワツバメの群れが飛翔するのを見かけました。  さては、今年はもう皆巣立ってしまったかと、営巣地を覗いてみると・・・ ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/07/29 22:13
《番外編》緑の木陰でウツラウツラ アオバズク
 アオバトを見られて気を良くしたので、次に、一駅隣からバスに乗って、例年アオバズクが営巣すると言う神社へ。  予想通り、3羽の雛が巣立ちしていました。  先ずは、寝たふりをしながら、子供達の見守りに余念がない両親から。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 9 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/07/23 22:59
《番外編》命懸けのミネラル補給 アオバト
 こう毎日暑いと、ついつい自転車に乗るのを避けて、電車に乗りたくなっちゃいますね。  というわけで、今日も湘南のアオバトに会いに行きます。多摩川周辺でも声は聞いてるんですが、未見の鳥です。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/07/23 22:23
《番外編》日陰の鷺山 ササゴイ、アオバズク
 今年はどういうわけか、ササゴイの姿を全く見ません。  そんな折、駅前からあまり歩かず、日陰に座ったままで、ササゴイの若が撮れる場所があると聞き、出かけてみることにしました。  なるほど、その池は駅前の公園に有りました。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/07/15 22:54
すっかり大きくなってました ツミ
 去年は、ツミを見るために、少し遠出までしたものでした。  結構身近でも、ツミの姿を見たよとか、声を聞いたよという話は耳にするのですが、今年は写真を撮らないままになっていました。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/07/03 22:41
遅まきながらようやく一番子が バン
 去年、それまでここの主だったバン夫婦が代替わりし、二組の夫婦の跡目争いで、それはそれは大騒ぎでした。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/07/03 22:31
渦巻く黒雲
 今日は、普段、余りお目にかからないような雲を見たので、コンデジでパシャしてみました。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 10 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/06/29 21:23
未だ見ぬ世界へ向かって アオゲラ
 「もうすぐ巣立ちそうだよ。」  そんな連絡をいただいて、早速行ってみました。  なんとなんと、えらい人通りの激しい道端に、その巣穴は有りました。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 21 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/06/27 22:47
ベビーラッシュもピーク越えか カルガモ
 今年も野川のカルガモには、多くの雛が孵りました。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 16 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/06/17 22:45
独りでも生きていけるさ カワセミ
 今年はどういう訳か、カワセミの雛が並ぶところが見られません。  ま、多分私だけなのでしょうが。  野川で雛の姿を見かけたときには、いずれももう大きくなって、独り立ちしたあとです。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 14 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/06/14 21:40
羽根さえ有れば ジャコウアゲハ、アカボシゴマダラ
 雨の日曜は、手持ち無沙汰。古い写真を整理しましょう。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/06/08 22:15
営巣地を襲う怪鳥 コアジサシ
 今年は、4月16日に多摩川でのコアジサシを初認、そして同23日には第二陣を確認しました。最盛期には、少なくとも数十羽を数えることが出来た、MFのコアジサシ。神奈川県では、絶滅危惧I類に指定されているそうです。  これは去年に続いて、多くの若鳥が旅立つところを見られるかと、期待を抱かせたのでしたが。  親鳥は、折から近くで子育て中のチョウゲンボウに襲われ、卵はハシボソガラスの群れに食われ、大多数がこの地での営巣を諦めて去る中、ここには偶々抱卵中だった数組、十羽余を残すのみとなってしまいました... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/06/04 23:07
夕間暮れの涼風にふるえて ハクセキレイ雛
 あれ、セキレイの親子かな。野川の川原に降りている2羽の鳥に目を留めたのですが、確認する間もなく親鳥が何処かへ。  雛はまだ野川デビューして間もないらしく、寂しげな声を上げ、盛んに親を呼びます。西の雲間から僅かに射す日差しはすっかり傾いて、吹く風も心なしか冷たく感じられます。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 11 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/05/31 22:01
まっ黄色のセキレイ ツメナガセキレイ
 「Kさん、今、黄色い鳥がそっちへ飛んだでしょう?」  たまたま近くに居た友人からの電話です。え、気が付きませんでした。双眼鏡の視野の外を飛んだのでしょうか?  「ツメナガセキレイが行きましたよ。」  それは大変。未見の鳥です。今なら夏羽でまっ黄色、一目で分かるほど目立つはずです。  友人と一緒に探すと、草の向こうをチョロチョロ動き回る黄色い影。けれど、なかなか近づかせてくれません。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 9 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/05/30 21:44
川原に響く鳴き声 セッカ
 この時期に川原を行くと、ヒバリとセッカの鳴き声だけがやけに耳につきます。  今日も、多摩川の土手を自転車で走っていて、セッカが鳴きながら、背の高い草に降りるのを見かけました。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/05/24 23:27
もう背中に乗るのは無理 カイツブリ
 暫くご無沙汰していた、野川沿いの池。  久しぶりに覗いてみると、カイツブリの雛が3羽。もう大分大きくなっていました。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/05/23 22:42
ママの足は何本? コチドリ
 あれ?MFの川原に足が6本有るコチドリが。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/05/20 22:38
暑くて寝てられない ゴイサギ、カルガモ
 蒸し暑くなった所為か、野川でゴイサギの成鳥が水浴びをしていました。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/05/18 23:15
茶髪で参上 アマサギ
 サンコウチョウ、もう少しまともに撮り直してあげたいと思いましたが、またしても一日で抜けてしまったようです。  諦めきれずに、お山の坂道をエッチラオッチラ登ったり降りたりしていると、電話を頂きました。  「多摩川にアマサギが出ていますよ」。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/05/17 22:39
天体観測なら任せて サンコウチョウ
 その鳥の鳴き声を「月、日、星、ホイホイホイ」と聞きなしたところから、この名が付いたそうです。  漢字で書くと、この文脈と関係ない古いことを考えてしまい、当人には至って迷惑でしょうが。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/05/16 22:32
二日酔いではありませんよ トウネン
 MFにオジロトウネンを探したら、真っ赤な夏羽のトウネンが1羽だけ来ていました。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/05/08 23:08
近くなら聞こえます ヤブサメ
 「シー、シー、シー、シー」。直ぐ傍の藪の中で、虫が鳴くような声がします。  ごく近くにいれば、はっきり聞こえるのですが、少し離れてしまうと、「え?本当に鳴いてますか?」。  高周波を聞き取れる若い人たちとの聴力の差は、如何ともしがたいようです。  ましてや姿を見るとなると、なかなかどうして。手強いの上に、「超」の字が二つ程付きそうなくらい。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/05/07 22:27
《番外編》 春の渡りも大詰め シギチ揃い踏み
 東京に住んでいて、三番瀬に行ったことがないと言うのも、少々恥ずかしい話ですね。  言わずと知れた、東京湾奥部最大面積の干潟です。周辺の谷津干潟や行徳湿地と共に、シギチを中心とする渡り鳥の重要な中継地とされています。  「一度は覗いておかなくちゃ」というわけで、まずは野鳥の会の月例探鳥会に参加してみました。  しかし、行ってみてビックリ仰天。真ん中にドーンと網が張ってあって、一等地は潮干狩り会場。シギチは、遥か彼方の突堤の上や、網の縁などに追いやられています。  私見ですが、とてもラムサ... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/05/04 22:48
ムシクイ違い センダイムシクイ
 丘の公園の階段を上がり切ったところで呼吸を整えていると、久しぶりにエゾムシクイの声を聞きました。  すぐ近くで鳴いているはずなのですが、葉の陰に隠れて姿が見えません。  そのうちに、後から上ってきたお仲間が一緒に探してくれましたが、「ん?鳴き声と場所が少し違う」  撮れたのは、数日前から鳴いていたセンダイムシクイの方でした。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/05/02 21:28
もうちょっと居させて オジロトウネン
 冬の間、他に撮るものがない時には、この鳥にすっかりお世話になりました。  この地で越冬したのは3羽でしたが、今朝は6羽に増えています。  きっと仲間が、「一緒に北へ帰ろうよ」と、誘いに来たのでしょう。  今年も、いよいよお別れの時が近いようです。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/05/01 22:24
シャワールーム大混雑 クロジ、アカハラ
 気温が上がってきた所為か、丘陵の水場は、入れ替わり立ち代り水浴びに来る鳥たちで大賑わい。  冬鳥達が移動し始めたのでしょうか。この冬の間、殆ど見られなかった種類の鳥まで、姿を現しましたよ。  きっと、移動の途中で、旅の垢を落としているのでしょう。10羽以上のアカハラ軍団。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 2

2014/04/29 21:30
夏鳥賛歌 キビタキ
 「Kさん、まだキビタキ撮れてないんですか」  心やさしいお仲間たちが、「あっちで鳴いてますよ」、「そっちに飛んで行きましたよ」と助けてくれて、遅まきながら、漸く渡りの夏鳥の姿を、カメラに収めることが出来ました。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/04/27 22:33
まだ冬羽ですか? ムナグロ
 いつものMF。川原に何やら座り込んでます。  縦長の姿勢、スラリと長い脚、頭の模様はムナグロのようにも見えますが、胸が黒くありません。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/04/26 23:20
余り食欲がわかないな ハヤブサ若
 MFに、久しぶりにハヤブサの若鳥が姿を見せました。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/04/22 22:29
黄色いお口が見えてるよ エナガ
 エナガの巣が見つかったそうです。  早速行ってみました。親鳥が交互に餌を運んでいます。今回は、ヘルパーさんは居ないようですね。  雛はもう大分大きくなってます。巣の入り口から大きな口が幾つも見えてますよ。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/04/16 23:23
春は日焼け止めを塗って2 ノビタキ
 例年、春と秋の通過時に顔を見せてくれるノビタキですが、今年も多摩川の川原に来てくれました。  春の雄は、しっかり日焼け止めを塗っています。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 17 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/04/13 22:11
これぞハチジョウ ハチジョウツグミ
 「ロクジョウだ」、「いや、せいぜいヨジョウハンだ」と陰口を叩かれた地元のハチジョウツグミでしたが、「それなら、僕でどうよ」、と近くに登場したのがこちらです。  最初に耳にしたときには、どうせいつものとたいして変わりばえしないだろうと、ノンビリしていたのですが、皆さんの撮った写真を見せていただくと、これが図鑑そっくり。  だんだんカメラマンも増えているというし、もう何時居なくなってもおかしくない時期だし。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 18 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/04/11 23:23
しばしお別れかも ホシハジロ、キンクロハジロ、サンカノゴイ
 多摩川河口近くの公園でも、陽気はスッカリ春めいています。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/04/08 21:36
春は日焼け止めを塗って1 ユリカモメ、カモメ、オオジュリン
 ボチボチ、シギ、チドリの春の渡りが、話題に上る季節となりました。  少し早いかもしれませんが、多摩川を下って、河口付近を覗いてみましょう。  ユリカモメの中には、ボチボチ頭が黒くなり始めているものがいます。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/04/01 22:16
旅立ちの前に カンムリカイツブリ
 久しぶりに多摩川の対岸を、いつもより一つ上の堰まで出向いてみました。  旅立つ前に、夏羽に生え変わったカンムリカイツブリを、一目見ておきたかったからです。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/03/24 22:31
ゥワーォ、モーレツ! ミソサザイ
 都会では、頻繁には会えないミソサザイ。3羽も来ていると聞いて、行ってみました。  出会えたのは1羽でしたが、目の前を行ったり来たりと、サービス満点。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 13 / トラックバック 0 / コメント 2

2014/03/22 23:07
冬の終わりに ヒレンジャク
 もうすぐ春ですね♪ と、毎年顔を見せてくれるのが、レンジャクです。  この辺りでは、尾の黄色いキレンジャクはなかなか見られず、殆どが尾の赤いヒレンジャクです。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/03/19 22:58
コトコトコットンいつの日か♪ ジョウビタキ
 また、ジョウビタキの雄に会いました。  でも、この個体と会ったのは、去年の暮れ以来です。  そう、12月28日付けで登場してくれた個体です。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/03/14 22:23
梅の小枝に〇〇が♪ メジロ、アカハラ、オオセグロカモメ
 ウグイスはまず止まってくれません。  一番多いのは、ヒヨドリ。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/03/09 22:16
辛うじて葉の蔭に キマユムシクイ
 川向こうにキマユムシクイが居るらしいという話は、随分前から聞いていたのですが、小さいうえにちょこまかと動きが激しく、自分にはどうせ撮れまいと余り本気で探しませんでした。  ところが、最近、結構撮り易いところに出ているようなのです。  それでは、兎に角一応行ってみるかと、出向いたのですが・・・ ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/03/08 23:46
アカハラの代わりに? ハチジョウツグミ、タシギ
 もう一つツグミ繋がりです。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 18 / トラックバック 0 / コメント 4

2014/03/06 22:33
《番外編》歌は聴けなかったが ウタツグミ
 ツグミ繋がりで、ちょっと隣県までプチ遠征です。  この鳥、ヨーロッパに行けば、普通種なんでしょうけど、日本では生涯に二度と見られるかどうか。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 12 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/03/04 23:02
金の蒔絵を背負って トラツグミ
 今日もお山の公園で、赤い尾の鳥を待ちます。  しかし、気まぐれですね。日によって来たり来なかったり。ある時は1羽だけ。ある時は8羽もと。  今日も来ることは来たのですが、枝被りの高い所に止まって、あっという間に姿を消しました。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 23 / トラックバック 0 / コメント 4

2014/02/28 22:26
《番外編》 黒いマスクと御杓文字 クロツラヘラサギ、ダイシャクシギ
 お待たせしました。プチ遠征シリーズです。  反対側の県境に近い海浜公園に、クロツラヘラサギが逗留し始めてから、随分時間が経ちました。  全世界で2000羽程度しか居ないと言われる、観察難易度5の鳥です。特に関東では、見られる機会は余り多くないようです。  これまで2、3度通ってみましたが、「ほれ、300m程先にダイシャクシギと居るでしょう」と言われても、証拠写真にもなりません。  それが、一昨日はごく近くで撮れたとの情報。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 19 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/02/24 23:28
僕らはエンジェル コハクチョウ
 続報です。去年の群れは、確か1週間ほどで去って行ったと記憶していましたが。  今年は、居心地が良いのか、長逗留になりそうです。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 9 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/02/07 21:55
葦原の住人たち ホオアカ、ホオジロ、カシラダカ
 今朝は朝靄がいつもより濃かったです。  土手道を走っていて、川面が見えないくらい。奇妙な静けさが辺りを支配していました。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 14 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/02/03 22:17
礫州の住人たち イカルチドリ、タヒバリとビンズイ
 冬になると、川原で俄然存在感を増すのがイカルチドリ。やや大きい所為か、結構目立ちます。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/02/01 22:47
折角甘そうに熟れたのに アオゲラ、シロハラ
 多摩川に程近い、お山の公園の豆柿が、熟して食べ頃になりました。  けれども、今年は冬鳥の到来が遅い(少ない?)のを良いことに、ヒヨドリや、 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/01/31 21:50
顔はマチマチ、名前は同じ ハシビロガモ
 ほぼ同じところに、ハシビロガモの十羽余りの群れが居ました。  大半が雄なので、エクリプスから繁殖羽への移行の様子がよく見て取れます。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 22 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/01/24 22:58
色違いのヒドリガモ アメリカヒドリ
 このところ上流方向が多かったので、今日は10kmほど多摩川を下ってみます。  中洲にユリカモメが集まっていました。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/01/24 22:12
草刈り済んで餌探し チョウゲンボウ
 今日は近場で赤い鳥探し。  風の所為か出が悪いので、引き揚げようとして、チョウゲンボウに会いました。  この周辺を草刈りしたので、バッタかカマキリを探しに来たようです。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/01/20 22:41
子連れで到着、まだナーバス コハクチョウ
 昨日の今日で、MFを覗いてみましたが、やはり世の中それほど甘くはありません。  既に、コハクチョウの姿はありませんでした。  それならばと、ここ数年の間に多摩川でハクチョウが観察された場所を虱潰しに当ります。  10km余り上流まで遡りましたが、何処にも姿は見当たりません。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 17 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/01/17 23:41
レスリング復活 ノスリVSチュウヒ、シロチドリ
 年が明けてから一度も多摩川河口に行っていませんので、満月の日に初詣でです。  初詣でといっても川崎大師ではなく(近くなので大師橋は渡りましたが)、河口詣で。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 11 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/01/16 22:20
今まで何処に隠れていたの シロハラ
 この鳥も冬の常連さんですが、この冬は鳴き声のみでなかなかお目にかかれず、漸く年明けになって姿を見られました。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/01/13 22:10
枯れ草を彩る赤い鳥 ベニマシコ
 暮れから幾度と無く、川原の葦原を探し歩き回り、何箇所かポイントは見つけたのですが、なかなかまともには撮らせてくれません。  この冬は全般に鳥影が薄く、勢い赤い鳥、青い鳥に人気が集中してカメラマンが多いのも、出て来にくい理由の一つかも知れません。  内緒にして大事にしていたこの餌場も、ついに食べきって近づかなくなってしまったようです。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/01/03 22:45
押しくら饅頭押されて鳴くな
 連日寒い日が続きます。暖かそうな羽毛を身に纏った鳥達といえども、自然と身を寄せ合いたくもなろうというもの。  まずはスズメです。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/01/03 22:23
丹沢下ろしに冠羽を靡かせて タゲリ、ケリ
 「元旦から何も撮れなかった」では縁起が悪いので、今日はプチ遠征です。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 18 / トラックバック 0 / コメント 2

2014/01/01 22:19
逃げ足なら金メダル級 クイナ、タシギ
 野川のクイナも、例年何羽かは入るようなのですが、とても神経質な鳥なので、見つけるのは容易いことではありません。  数日前から居るよと言われながら、なかなか見つけられませんでした。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/12/28 23:06
メニューのない料理店 ジョウビタキ
 川原に生えたピラカンサの赤い実が熟すと、色々な鳥が寄って来ます。  ヒヨドリ、ツグミ、そしてジョウビタキ。  まるで人気の川床よろしく繁盛しています。入れ替わり立ち代りお客さんがやって来て、引きも切らさぬ盛況ぶり。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/12/28 22:49
角は無いけど ホオジロガモ
 今日は、クリスマス・イブ。  お祭り騒ぎにも、ホームパーティの暖かさにも無縁な生活を何年過ごしたでしょうか。  今日も川原で、赤いサンタならぬ赤い小鳥を探します。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/12/24 23:24
丘にも漸く幸せ色が ルリビタキ
 「今年は冬鳥の到来が遅くて」。そんな挨拶が当たり前のように聞こえる、今日この頃。  数日前から、ご近所の公園などにも、漸くこの鳥が頻繁に顔を見せるようになったと、聞きました。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 13 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/12/08 22:44
赤目の潜水士 ハジロカイツブリ
 前回(11/21付)、若鳥しか紹介出来なかったので、成鳥も上げておきましょう。  ハジロカイツブリです。撮影は臨海部の公園ですが、多摩川の河口でも見られるので、まあ、いいでしょう。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/12/05 23:29
嘴を持ち上げるのも一苦労 ハシビロガモ
 コガモ、オナガガモ、マガモなどのカモ類第一陣の多摩川への9月の到着は、比較的順調に感じられました。  その後、ハシビロガモなども何回か入りましたが、いずれも1日で抜け、なかなか撮れません。  これは三度目の正直で漸く撮れたものです。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/12/03 22:12
《番外編》動くと証拠 コスズガモ
 何といっても観察難易度9だそうですから。今シーズンも都内の公園に来たと聞いては、やはり行かない訳にはいかないでしょう。  しかし折悪しく、今日は防災訓練デーだとか。公園上空をヘリが行ったり来たりし始めては、そのカモも居なくなってしまうかも知れませんしね。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 12 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/11/23 21:22
足の赤味はほどほどに ツルシギ、ハジロカイツブリ
 最初に話を聞いたときには、別のシギが出たというものでした。  しかし、写真を見て、何か違和感がありました。今年の夏に、遠くからですが、そのシギを見ていたからです。  でも、多摩川で見られれば、ライファーが1つ増えます。ということで、えっちらおっちら出掛けました。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/11/21 22:44
《番外編》全世界で千羽だけ ミゾゴイ
 この鳥は観察難易度7だと言います。全世界で千羽程度しか居ないという割りに、あちこちで結構目撃情報があるのは、日本が主たる繁殖地だからだそうです。  今年の春にも近くで出会うチャンスはあったのですが、林から出て来てくれるまで待つだけの根気がありませんでした。  それが今回は都心の公園にいて、通行人が携帯で撮ってると、新聞に出てたんだって。  場所を聞くと、ん十年前に住んでいた所の近くのようです。これは行くしかないでしょう。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/11/18 21:14
幽霊には勝てないよ アリスイ、オオジュリン
 最近、多摩川のMFで姿を見かけなかったアリスイに、久しぶりに会いました。  「おや、アリスイ君、久しぶりだね。元気だった?」 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/11/16 22:23
耳って何処にあるの? ミミカイツブリ
 ススキの原に冬の小鳥の声がするのですが、なかなか本命の鳥は探し出せません。  「あちらで鳴いてたよ」、「こちらで今朝撮った人がいるよ」と聞かされるたび、気ばかり焦ります。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 14 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/11/11 22:36
ヘンペルへの反証 ハシブトガラス部分白化
 『全てのカラスは黒い』=『黒くないものはカラスでない』  対偶論法の見本とされますが・・・ ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 17 / トラックバック 0 / コメント 2

2013/11/05 23:38
長旅お疲れさん ジョウビタキ
 モズの高鳴きが落着くこの頃になると、民家の屋根やTVアンテナにとまって、ヒッヒッ、カッカッと鳴く鳥が居ます。  今年も、満州方面から帰って来てくれました。  今度は明るいところで、撮らしてくれましたよ。まずは雄です。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 17 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/11/05 22:23
季節外れのウミネコ
 十数年ぶりに、野川にウミネコが来たと言うので、行ってみました。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/11/04 22:50
褐色のグライダー チュウヒ、オオセグロカモメ
 自転車を買い換えてから、余り遠乗りしてませんでした。  今日は天気もいいし、そこで、久しぶりに河口目指して、出かけてみました。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/11/03 23:11
朽葉を眺めて温泉三昧 ビンズイ
 久しぶりに、丘の上の公園に行ってみました。  「もう、渡りの鳥は殆ど抜けて、たいしたものは来ませんよ」 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 12 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/11/01 21:41
冬のカモメ セグロカモメ、ユリカモメ、ホオジロ
 MFで見かけるカモメ類といえば、夏はウミネコ、冬はセグロカモメか、ユリカモメと相場が決まっています。  セグロカモメの方は、暫く前から一羽来ていたのですが、ここに来て漸くユリカモメの姿を見るようになりました。  先ずはセグロカモメ、大きいので直ぐに分かります。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/10/31 22:18
葦原の小忍者 ヨシゴイ
 先日のことです。久しぶりに訪れた公園で顔見知りの人に出会い、「野川にも出たようだし、そろそろここにも、ヨシゴイが出るんじゃないかと思って、来てみたんですよ。」と話していました。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/10/30 23:59
結構長居してます キビタキ
 この鳥の雄は、野鳥写真家の中にも愛好家が多いですね。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/10/30 23:53
親戚について来ちゃいました アメリカヒドリなど
 判断が難しいですね、この鳥は。  目で見ると、頭がもっと、濃い緑色に見える時があるんですが。  脇の褐色の羽根は、エクリプス羽でしょうか。頭央線も真っ白じゃないし。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/10/28 22:43
えっ、絶滅危惧種? ヒバリ、ノビタキ
 そうなんです。東京都の大部分で、ヒバリは絶滅危惧II類なんだそうな。  でも、多摩川の河川敷では、どっこい、ちゃんと生きてますよ。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 2

2013/10/27 21:02
細長い舌で吸い取ります アリスイ
 今年は早くから噂が流れてました。「アリスイを見た」  でもそこは、雑草が腰の丈ほども有って、伸び放題。探そうにも、道なき道に二の足を踏んでました。  そうこうするうち、二度目の目撃談。  漸く皆さん、捜索を始めました。  場所がある程度絞られれば、後は只管・・・ ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/10/25 22:53
野球場大好き サルハマシギ
 「野球場にサルハマシギがいたよ」 そう聞いたのは、昨日のこと。  早速、数人の捜索隊で出向いたのですが、周辺には、それらしい姿は見当たりませんでした。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 10 / トラックバック 0 / コメント 2

2013/10/24 18:44
最終便で渡ります ハマシギ
 おや、突然、足元の草むらから現れた一羽のシギ。  トウネンにしちゃー、一寸大きいぞ。嘴も長いし。と思ったら、ハマシギでした。  そう言えば、去年もオジロトウネンと一緒に、この多摩川のMFにやって来たのでしたね。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 10 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/10/21 22:52
天然の迷彩服 タシギ、イカルチドリ
 台風26号と言えば、16日の昼頃、雨が上がってから多摩川を覗いた時には、まだこんな状態でした。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 10 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/10/19 20:30
浜の真砂は尽きるとも・・・ カンムリカイツブリ、スズガモ
 見得を切りながらそんな科白を口にして、「よっ、〇〇屋っ」と大向こうから声が掛かりそうな、頭と目付きですね。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 2

2013/10/19 20:05
十月の真夏日 キビタキ、エゾビタキ
 十月も中旬に入ったと言うのに、連日の真夏日。全く、日本の気象はどうなっちゃっているんでしょう。  早々と渡りを始めた鳥達も、きっと困っているでしょうね。まー、その分ゆっくりと移動してくれるといいのですが。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 11 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/10/12 22:05
今年も来たかと喜んだが オジロトウネン
 つい先日まで、トウネンが出たり入ったりしていたMFですが、昨日もイソシギよりも小さな鳥が2羽、100mほど先の流れの中で盛んに餌を啄ばんでいました。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/09/30 23:14
帰ってきたオスプレイ(ミサゴ)2
 そうそう、一度、こんな写真が撮りたかったんですよ。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 22 / トラックバック 0 / コメント 2

2013/09/30 22:46
秋風に乗って ノビタキ
 そろそろ来る頃かと、野川沿いを毎日のように走りましたが、なかなかお目にかかれません。  そうこうするうち、多摩川で見た人が居るらしいと、友人が探してくれました。  しかし呼ばれたのは、既に陽が傾き始め、岸辺の葦も何もかもが赤く見え始める頃。  場所を聞いて行ったのに見つかりません。それもそのはず、少し離れたところに移動していました。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 2

2013/09/27 23:47
帰ってきたオスプレイ(ミサゴ)
 去年は8月半ばから、多摩川で遊んでくれてましたからね。  今年は何時来るかと、心待ちにしてたんですよ。  このところ、頭の上を通過する姿を見かける機会が増えたと思ったら。案の定「飛び込んでましたよ」の知らせ。  早速出かけてみました。居ました。ですが、まだ若い所為か、魚を狙う姿も、何処となくぎごちなく目に映ります。  正面顔は結構カワユイです。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 21 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/09/24 22:37
秋の訪れを告げるもの エゾビタキ、コサメビタキ、キビタキ
 水辺の鳥達に続いて、野山の鳥達も続々と渡り始めました。  という話は聞くものの、なかなかお目にかかれません。  シジュウカラ、ヤマガラ、コゲラなど、一年中居る常連さんの群れに混じってどんどん移動するものですから、漸く目にしても、写真を撮る前に居なくなってしまいます。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 10 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/09/22 22:00
黒い白鷺 コサギ黒変個体
 台風一過、こんなときには、予期せぬ鳥が予期せぬ所に姿を現すものです。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 19 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/09/18 22:53
小さな白鷺 アマサギ
 今朝は少し寝過ごしました。のんびりテレビを見ていると、メールが。  「アマサギが8羽来てるよ」。今年は、初顔見世です。  慌てて支度して出動です。場所はいつもの多摩川中流のMF。東京側からは、背中しか見えません。もう殆ど冬羽です。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 20 / トラックバック 0 / コメント 2

2013/09/10 21:40
逸れ者のヌマアジサシ クロハラアジサシ
 いつものように、多摩川中流のMFに出てみると、対岸の土手下に大勢の人影が。  K市のイカダレース(の一つ)のようです。  『今日は、野鳥は望み薄かな』と思いながら、顔見知りの人々に挨拶すると、「ハジロクロハラアジサシらしいのが飛んでる」と言います。  なるほど、暫く待つと、それらしい白い影が現れました。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 11 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/09/07 23:46
MFに小型シギの群れ トウネン
 多摩川中流のMFに、昨日からトウネンの群れが羽根を休めています。  これまでにも、2、3羽の群れは時々見かけましたが、今日は十羽数えることが出来ました。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 13 / トラックバック 0 / コメント 2

2013/08/31 23:23
大きくても幼鳥 ササゴイ
 野川にササゴイが姿を見せたのは何年振りでしょうか?  少なくとも、私が見たのは4年振りのことです。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 12 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/08/26 23:26
秋の渡りが本格化3 タカブシギ、トウネン
 このところ、東京も天気がスッキリしません。  猛暑から解放されたとはいっても、蒸し暑さは変わらず。  加えて、何時雨が降り出すか分からない、鉛色の雲が空を覆ってます。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 20 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/08/24 18:59
どうも上が気になって キビタキ幼鳥
 (この記事の写真は、一月ほど前に撮影したものです。) ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 15 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/08/22 12:30
秋の渡りが本格化2 オバシギ、ケリ
 昨日に続き、柳掻き分け、泥鰌探しです。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 11 / トラックバック 0 / コメント 2

2013/08/15 23:18
秋の渡りが本格化 ヒバリシギ、アオアシシギ
 昨日からMFに、ヒバリシギが逗留しています。  小さなシギなので、逆光の中、なかなか見つかりません。1時間ほど探して漸く見つけました。  キアシシギ、イソシギに混じって、更に小さなシギが1羽、盛んに餌を啄ばんでいます。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/08/14 22:39
玄関先で待っていたのは イソヒヨドリ、コムクドリ
 コムクドリが居たと聞いて、何度か通いましたが、なかなか出会えません。「朝方見た」とか、「夕方見た」とか、確かにこの時期、人間でなくても日中は活動したくないですが。  で、夕方見たというその時間に、多摩川沿いのその木の前に行ってみると、なるほど何処からか数羽のコムクドリが飛んで来て、止まりました。コンデジで証拠写真にもなりませんが。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 31 / トラックバック 0 / コメント 4

2013/08/05 23:42
秋の渡りの先駆けは アオアシシギ、キアシシギ、ソリハシシギ
 今週からまた猛暑がブリ返すそうです。そうなる前に、シギ・チドリの秋の渡りがどの程度進んでいるか、確認しておきましょう。  で、いつもの、多摩川下流の干潟に向かいます。着いてみると、大潮の干潮時だというのに、カメラマンが誰も居ません。  どこか近くで、とんでもない珍鳥が出ているのだろうか? やや不安になりながらも、暫く待って見ます。  大きな顔で動き回るのはウミネコ。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/08/04 22:20
巣離れ初日 カワセミ幼鳥
 猛暑、炎暑、酷暑、どう書いてみても暑い盛りですが、カワセミの二番子?があちらで一羽、こちらで二羽と、姿を見せています。  たまたま、巣穴から出て精々1、2日と見られる、まだ胸が黒々した幼鳥を立て続けに見ることが出来ました。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 16 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/07/30 22:21
幼鳥はまだ? ササゴイ
 昨年のこの時期には、せっせと幼鳥に餌を運ぶ姿を見せてくれたササゴイですが、今年はその舞台となった中州が有りません。  昨冬の河川工事で、中州は完全に掘り起こされ、その跡には大きなダム湖(のようなもの)が出現してしまいました。アオサギは近くに別の営巣地を見つけたようですが、ササゴイはどうしたでしょうか? ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 2

2013/07/27 22:57
夏の名残を胸に メダイチドリ
 多摩川の中流にあるいつもの川原で、のんびり鳥達を眺めていると、イソシギ、コチドリ、イカルチドリたちに混じって、ほんのり赤い胸の鳥が1羽、動き回っていました。  普段この辺りでは余り見かける機会のない鳥なので、気が付くまでに少し時間が掛かりました。  夏羽から冬羽へと換羽中の、メダイチドリです。河口や下流の干潟では、20、30羽の群れで見かけることが多いのですが、この日は単独です。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 10 / トラックバック 0 / コメント 2

2013/07/25 23:09
今年は遅れをとった キアシシギ、チュウサギ
 例年、シギチの秋の渡りの一番手を務めるキアシシギですが、今年はトウネンに遅れること1週間、漸く1羽が、翌日には2羽が姿を見せました。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/07/17 22:14
プール開きはまだか? ゴイサギ
 東京も連日の熱帯夜+猛暑日だそうです。おかげで、ご近所各市の防災無線から流れてくる、「こちらは〇〇市××です。只今、〇〇市に光化学スモッグ注意報が発令されました・・・」というアナウンスを毎日聞いています。何だか高度成長期に戻ったみたい。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 13 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/07/10 23:10
もう戻って来たの? トウネン
 はやばやと梅雨明けしてしまって、連日の猛暑。でもまだ夏は始まったばかり、というのに。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 13 / トラックバック 0 / コメント 2

2013/07/09 21:28
《番外編》 たまには冷房車に乗って2 アカアシシギ、コムクドリ
 暫くシベリアオオハシシギを追っていると、遠くにセイタカシギと戯れる別のシギの姿があります。足と嘴の根元が赤い。アカアシシギですね。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 11 / トラックバック 0 / コメント 2

2013/07/07 22:35
《番外編》 たまには冷房車に乗って1 シベリアオオハシシギ
 「この時期、撮るものがなくて」という言葉が挨拶代わりになる今日、この頃ですが。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/07/07 22:28
観察難易度が高い割りに アカガシラサギ
 以前、葛西臨海公園に2年続けて出たときには、関東近県から交通費をかけて撮影に行かれた方も多かったでしょう。  何せ、『観察難易度6』の鳥ですから。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 13 / トラックバック 0 / コメント 4

2013/07/03 23:55
電線にツバメが4羽 コシアカツバメ、コジュケイ親子
 アマツバメ系を除くと、多摩川で良く見られるツバメは、ツバメ、イワツバメ、コシアカツバメの3種だと、どこかに書いてありました。  尤も、ショウドウツバメも昨秋見ていますが、写真は撮れませんでした。ショウドウツバメは渡りの途中に立ち寄るようですが、コシアカツバメは、多摩川が繁殖のほぼ北限に当るらしいです。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 15 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/07/02 21:42
けたたましさも中くらい コヨシキリ、カイツブリ雛
 朝出掛けに、立て続けに2本の電話を貰いました。  「コヨシキリが鳴いてるよ」。「カイツブリの雛が親の背に乗ってるよ」 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/07/01 22:17
来た、見た、舞った! コアジサシ雛2
 このところ毎日のように、コアジサシの営巣場所に通っています。私が毎日通ったからといって、雛が早く飛べるようになるわけではないのですが、矢張り気になります。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 21 / トラックバック 0 / コメント 4

2013/06/23 23:39
今年こそはみーんな生き延びて! コアジサシ雛
 先日来、多摩川中流域でコアジサシの雛が孵り始めているという話は耳にしていました。遅くとも6月3日には、一部の雛が孵り始めていたようです。  しかし、これから梅雨が本格化します。台風の動向も気になります。孵化から飛べるようになるまで約3週間、無事に育ってくれることを祈るしかありません。  コアジサシは環境省のレッドリスト絶滅危惧U類に、関東南部諸都県などでは絶滅危惧I類に指定されるなど生存が危ぶまれている鳥で、ここでは数年に一度しかまともに育たない、厳しい環境に置かれている鳥なのです。 ... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 32 / トラックバック 0 / コメント 4

2013/06/10 10:54
遅ればせながら バンの子沢山
 そう易々とは巡り会えないサンコウチョウの鳴き声などを求めて、丘陵地帯をさ迷い歩いている間に、いつもの池では遅ればせながらバンの一番子が孵っていました。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 12 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/06/08 23:04
一握りにも満たない命 コチドリ雛
 野川の砂礫のなかで、コチドリが小さな小さな卵を抱えていました。  もともと体長が16cm程しかないコチドリの卵です。言われなければ、自分ではまず見つけられなかったでしょう。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/06/06 21:56
もう独立? シジュウカラ雛、ヤマガラ雛、ガビチョウ番
 シジュウカラの群れから少し離れて、今年生まれの雛が鳴いていました。独立心は旺盛のようです。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/06/05 22:49
そのお魚は僕んだっ カワセミ雛
 巣立ち真近の巣穴に蛇が入ってしまったりなどと悲しい知らせばかりで、なかなか朗報に巡り会えなかったのですが、漸くメールが届きました。  「カワセミの雛が出たよ」。  行ってみると巣は、コンクリート護岸に掘られた水抜きパイプの穴。なるほどここなら、雨水が噴き出さない限り安心ですね。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 11 / トラックバック 0 / コメント 2

2013/06/02 22:56
幸せになれなかった青い鳥 オオルリ雛
 (この写真は、5月23、24日に撮影したものですが、子育ての障害にならぬようにとの配慮から、公開を遅らせました。) ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 10 / トラックバック 0 / コメント 2

2013/06/01 23:41
お互い一人ぼっちのための独唱会 キビタキ
 今年はあちらこちらの公園で、キビタキが結構長居してますね。  来初めの頃ほど頻繁に鳴かないので、うっかりすると見落としがちですが。  これは先日撮ったものです。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 14 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/05/27 23:14
撮影は有料ですか ホトトギス、カルガモ雛
 ある意味、この季節を代表する鳥であるはずなのですが。  これまで一度も写真が撮れませんでした。  鳴き声は有名ですよね。「トッキョキョカキョク!、特許許可局!」と鳴くあの鳥です。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 13 / トラックバック 0 / コメント 6

2013/05/25 22:44
巣立ちの季節 シジュウカラ雛、カルガモ雛、ホシゴイ
 公園の木々の下を通り抜けようとすると、上から「シ、シ、シ、キ、キ、キ」という鳥の鳴き声が降ってきました。  エナガよりも確りした声だなと思いながら見上げると、シジュウカラの群れが通過するところでした。  「なんだ、シジュウカラか」(失礼)。結構な数がいます。念のために双眼鏡で覗くと、大きな黄色い口、巣立ち間もない雛を擁した家族でした。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 15 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/05/19 22:26
春の椿事 トーネン
 朝一でお仲間からメールをいただきました。「多摩川にトーネンが沢山いるよ」  沢山??? 大体この辺りでは、シギチが現れても、一時に2、3羽と相場が決まっています。有名な海岸や干潟のように、集団で群舞する姿を目にすることはまずありません。  沢山と言うからには少なくとも4羽以上。期待で胸が高鳴ります。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/05/15 22:47
去る者あれば来る者あり セイタカシギ、ツバメ雛、キアシシギ
 9日付けでご紹介した多摩川MFの孤独なセイタカシギ。昨朝行くと、3羽になってました。  やれうれしやとの喜びも束の間、今朝までに3羽とも姿を消していました。  どうやらお迎えに来たようでした。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/05/14 22:11
春のシギチ祭りも終盤に チュウシャクシギ、キョウジョシギ、ソリハシシギ
 シギ・チドリの春の渡りも、終盤に近づきました。  最後のささやかな願いを胸に、撮り鳥仲間と多摩川の土手を自転車で下ります。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/05/10 23:05
中流域に二度目の出現 セイタカシギ、センダイムシクイ
 MFの多摩川の堰下には、渡りの時期に、何種類かのシギ・チドリ類が顔を見せることがあります。  今朝、いつものように逆光を透かしてみると、なんとセイタカシギが1羽、羽根を休めていました。  中流域でこの鳥を見るのは、今期2度目。普段は、めったにここまで上って来ない鳥です。一体下流で何があったのでしょう。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 11 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/05/09 23:29
野川初見参 クサシギ、キアシシギ
 例年この時期に、野川を訪れてくれる渡りのシギがキアシシギです。  ところが今年は、珍しいお客さんが先に現れました。5月4日に姿を見せたクサシギです。  連絡を頂き直ぐに見に行きました。野川では初観察かも、という話です。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/05/07 22:21
初夏を謳う オオヨシキリ、セッカ
 5月1日、MFの多摩川の川原で、オオヨシキリの今期初鳴きを確認しました。この姦しい鳴き声が川原に響き渡ると、もう初夏ですね。  まだ到着したばかりで、暫くは葦原の中で鳴いていて、姿は見せてくれないだろうと思っていたら、翌日いきなり飛び出してきました。  大サービスに感謝です。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/05/05 22:19
今期初お目見え カルガモ雛、カイツブリ雛
 ほんの少し油断していたら、もう出て来てしまいました。  親は時々憎らしく思えることがあるけれど、やっぱり雛は可愛いです。野川、今期初出現のカルガモ雛。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/05/03 22:56
川原にも居た山野の鳥 キビタキ
 オオルリと共に、丘陵地帯に十数回も通って、探し続けていたのが、キビタキです。  鳴き声も同じように綺麗ですが、こちらも矢張り、関東の平野部では、渡りの時にしか見られません。  探し続けても、探し続けても、鳴き声だけで、いつまで経っても姿を見せません。  ひょっとして今期は見られないのかも、と、次第に弱気になってきます。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/05/03 22:21
黒い帽子、黒い口、黒い靴 アジサシ、オジロトウネン、ホオジロ
 多摩川中流域の初夏の風物詩となっているのが、コアジサシでしょう。今年も4月25日に初認しましたが、前日確認した方もいます。  で、そのコアジサシは、まだこれからいくらも報告する機会が有るでしょうが、今日はこれに混じって堰堤上で、一回りも二回りも大きいアジサシが休んでいました。  一見大きさ以外は似て見えますが、額が白くない、嘴、足が黒いなどいくつか違いが有るので、単独でもすぐ分かりました。  勿論大きさの違いは一目瞭然、体積比では倍近くも違って見えます。  残念ながら、数時間の短い滞在... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/05/01 22:19
都会の猛禽を見下ろす ツミ、セイタカシギ
 国内最小の鷹、ツミは、近年、住宅街に進出して繁殖することが多いと言います。  近場でいくらでも見られるとなれば、敢えて遠出する必要も無いのですが、見下ろしで撮り放題と言われると、矢張り行ってみたくなります。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/04/29 22:24
やっと出会えた青い鳥 オオルリ、エナガ雛
 この時期、青い鳥と黄色い鳥を探して、あっちの丘、こっちの公園と、歩き回ります。  そこここに声は聞こえるのですが、なかなか姿を見せてくれません。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/04/25 21:18
北極航路に乗っちゃった? ミヤマシトド、チュウシャクシギ、サンカノゴイ
 そのご近所の珍鳥の話です。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 17 / トラックバック 0 / コメント 2

2013/04/23 23:04
微妙な背中 ニシセグロカモメ
 さて、その日、ヘラサギを待つ間、満潮ですっかり水を被ってしまった干潟を前に、頭の黒くなったユリカモメ達をぼんやりと眺めていました。  時々カラスがちょっかいを出しに来ると、サーッと飛び上がって、強風に乗り旋回しながら、柱を作ります。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/04/21 23:17
河口のおしゃもじ ヘラサギ
 (左ダイサギと) ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 11 / トラックバック 0 / コメント 4

2013/04/21 22:48
丘の上の運動会 ミサゴ、アオゲラ、ビンズイ、アトリ
 昨日は川原で、久しぶりにミサゴの姿を見ました。  と言っても、上空をカラスに追われて、飛んで行ってしまったので、あっという間の出来事でしたが。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/04/16 23:52
塩分補給? オオジュリン
 またまた河口に通って来ましたが、姿が見えるのは相変わらずの面々だけ。葦原のオオジュリンでも撮って、お茶を濁すしかなさそうです。  そう思って見ていたら、オオジュリンの群れが数羽、葦原から飛び出してきて、水際の石を舐めだしました。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/04/04 22:33
年度初めのウソ? アカウソ
 三日の晴れ無しと言うとおり、このところ、スッキリしない天気が続いていましたから、今日のような青空は貴重です。  そう考えて、春風に舞う花びらを背景に何か撮れないかと思ったのですが、うろうろするうち、何も撮れぬまま、この日も次第に雲量が増してきてしまいました。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 13 / トラックバック 0 / コメント 4

2013/04/01 23:48
千鳥鳴き、濡れ、蟹と戯る コチドリ、セイタカシギ、アオアシシギ、ウミアイサ、オオジュリン
 大分暖かくなってきました。まだ少し早いかもしれませんが、この冬は全体的に鳥の移動が早めでした。  ひょっとすると、春の渡りも早いかもしれないなどと、風の穏やかなある日、勝手な期待を胸に、河口を覗いてみました。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/03/28 22:56
花々に囲まれて カワセミ、コゲラ、ヒレンジャク、アオジ、エナガ
 観測史上二番目の早さとかで、東京の桜はこの22日に満開を迎えてしまいました。  余りの早さに各方面とも準備が追いつかず、恒例となっている野川の桜のライトアップも、やっとこさ29日開催に漕ぎ着けようとか。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 16 / トラックバック 0 / コメント 2

2013/03/26 23:52
薄暗い木立の蔭で、ノスリが鳴いた
 多摩川の川原には、いくつか、土手の下に、長年にわたって流されてきた土砂が堆積し、自然に大きな木が育っている中州があります。  しょっちゅう冠水する川面に近いところは、砂利に背の低い雑草が生えているきりですが、葦、オギやススキ等の背の高い草が生い茂り、小鳥達の恰好の塒になっているところも有ります。  その何箇所かは、周辺自治体が「水辺の楽校」として整備し、その景観を保持しながら、子供達が自然と触れ合う場所として活用しているようです。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 19 / トラックバック 0 / コメント 2

2013/03/19 22:29
小鳥を探して、オオタカに睨まれる
《警告》気の弱い方は、これ以上お読みにならないで下さい。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 23 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/03/02 23:25
東京の秘境の入り口にて ベニマシコ、ウソ、ホオジロ
 某国営TVが、「ケーブルカーを降りると、目の前にオオマシコが居た」なんて言うもんですから、直ぐにも行きたかったんですが。  さすがに自転車で行くわけにはいかず、「まだ山道には雪が残っているだろうし、最高気温が氷点下の日もあるというし」。  そのうち、ケーブルカーが設備改修とかで運休になり・・・  結局、東京の霊山への道行は、今日になってしまいました。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 10 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/03/01 22:41
ロマンスグレーの遠来の客 ノハラツグミ、タカサゴモズ
 ヒレンジャクに遊んでもらっている間に、電話に着信していたのですが、マナーモードのままになっていて、気が付きませんでした。  夜になって気が付いて、慌ててコールバックすると、珍客飛来の情報。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 4

2013/02/27 23:11
東奔西走すれば巡り会い−その2 ヒレンジャク
 『冬鳥』といえば、やはりこの鳥は外せませんよネ。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 9 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/02/26 23:10
黒い頭で春を呼ぶ ノビタキ雄
 今日も、比較的穏やかに晴れました。  昨日多摩川を下ったので、今日は少し遡ってみます。  いえね、Webで目にしてはいたんですが。友人と電話で話していて、この鳥が話題に登ったもんですから、それじゃあ、見に行ってみるかと。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 17 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/02/24 00:41
河口は広く対岸は遠い ウミアイサ、スズガモ、カンムリカイツブリ、ホシハジロ
 朝の天気予報で、「今日は、向こう数日のうちでは、最も穏やかな日和」と言っていたのを信じ、多摩川の下流へと遠出してみました。  といっても、朝のうちに丘の上の公園に寄り道したので、やや陽が高くなってからの出かけとなりました。途中、いつもの干潟で遅めの昼食。  居るのは、セイタカシギ、アオアシシギ、ユリカモメなど、見慣れたメンバーのみ。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/02/22 23:34
白い鳥、赤い鳥 コハクチョウ一家、ハチジョウツグミ
 先日来、話には聞いていたのですが、雲が多かったり、風が強かったりで、つい先延ばしになっていたコハクチョウ一家を見に行きました。  向かい風をおして行ってみると、昨年見た場所には見当たらず、やや離れたところで見つけました。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 16 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/02/17 00:18
本当にカラスの親戚? カケス、クロジ、ルリビタキ
 先日は、下から見上げたお腹ばかりが目立つ写真を載せてしまい、本人からも大分お叱りを頂戴しましたので(汗)・・・  あらためて、掲載し直します。カケスです。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 21 / トラックバック 0 / コメント 4

2013/02/11 21:25
歌舞伎頭のゴドーを待ちながら クロジ、ルリビタキ、アトリ、カケス
 今日もまた、巡り会いを信じて、公園を掛け持ちして、只管歩き回ります。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 14 / トラックバック 0 / コメント 2

2013/02/09 20:43
待ちビトのみ来たらず アオゲラ、クロジ、シロハラ
 先日見かけたあのオカタを、もう少し綺麗に撮ってあげたいと待っているのですが、なかなか撮らせてくれません。  多少色違いでもいいから、出て来てよ。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 17 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/02/05 21:00
東奔西走すれば巡り会い−その1 コイカル
 今シーズンは早くからイカルの群れを見たという話を聞いていたのですが、自分ではなかなかその姿を見る機会が有りませんでした。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 13 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/02/03 23:13
寒風に乗って優雅に葦原を舞う チュウヒ
 今日は風が冷たくて、あまり遠出する気はなれません。  「多摩川の土手は寒いだろうから、野川のほとりをチンタラ走ることにするか」   そう思って、野川沿いを下り始めたのですが、多摩川と合流する地点で、「もう一つ下の支流の流れ込みも確認しておくか」と軽く思ったのが、間違いでした。  天気予報ではもう少し日差しがある筈だったのですが、雲が懸かっているため、余計に風の冷たさが身に沁みます。  途中からは殆ど意地で、結局ここまで来てしまいました。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 17 / トラックバック 0 / コメント 2

2013/01/26 21:53
赤頭のアカゲラ
 秋から暮れにかけて何度かアカゲラを見たことは、既に報告しました。  アオゲラに比べると、見るチャンスが少ないので、見られる時には見ておかないと。  ただ、毎回雌ばかりで、雄を撮る機会が有りませんでした。  そうこうするうちに、次第に姿を見る機会が少なくなり、「ああ、今シーズンも、もうチャンスを失したかな」 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 9 / トラックバック 0 / コメント 2

2013/01/25 23:17
本隊ご到着 オオジュリン、アトリ2、カオグロガビチョウ
 今シーズンは多摩川にも様々な冬鳥が姿を見せる中で、この鳥は殆ど姿を見ませんでした。  そう、オオジュリンです。秋に一度、遠くからそれらしい姿を見たのが、唯一の機会でした。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 2

2013/01/21 22:16
残雪に遊ぶ麗人 アトリ
 その鳥は、余りにも突然、現れました。  これまで、姿を見たことが無い訳ではありません。  しかし、「ほれ、あそこの木の上に居ますよ」。そう教えられても、双眼鏡を向けると飛ばれ、カメラを向けると逃げられました。  日本書紀にも大群で出てくるという、伝統的な鳥です。いつかは撮ってやろうと思いながらも、なかなか思いは果たせませんでした。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 20 / トラックバック 0 / コメント 9

2013/01/19 22:33
TOKYOにもオジロビタキ
 『日本ではほとんどが渡りでの観察で日本海側のみで見られる。』  これは、いつも参考にさせていただいている、「Yachoo! オンライン野鳥図鑑」の記述です。  そのオジロビタキが、暮れに東京に姿を現しました。そして、ついにご近所にも。友人が見つけてくれました。  雌又は若鳥と思われ、多分同一個体でしょうが、ことほど左様に、今年は日本海側の雪が深いということなのか。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 17 / トラックバック 0 / コメント 2

2013/01/11 22:19
瘤の目立たないコブハクチョウ若、ウグイス等
 で、昨日トモエガモを証拠写真に留め、急いで戻ったわけがこれです。  20km程も離れた所から、連絡を貰いました。「多摩川に白鳥が居るよ」。  1時間半ほどかけて急いで戻ったのですが、まだ居てくれました。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 14 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/01/09 22:23
花弁の奥に芯があった キクイタダキ、マヒワ、トモエガモ
 東京近郊にも居ついた感のある、キクイタダキです。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/01/08 20:58
そっちの水は甘いかい? ベニマシコ、セッカ、エナガ
 多摩川のMFからは1週間ほどで姿を消したベニマシコでしたが、対岸には長逗留しているようです。餌が豊富なのかな。3羽見かけましたが、写真は雄です。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 4

2013/01/07 22:27
お正月はのんびり、ゆったり クイナ
 野川を上流に向かう途中で、何やら水際に居るのを見つけました。  クイナです。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 12 / トラックバック 0 / コメント 4

2013/01/02 22:51
新春ご挨拶 ホシハジロ、キンクロハジロ、ルリビタキ
 皆様、明けましておめでとうございます。  旧年中は、拙いブログに度々おはこび頂き、また沢山の気持ち玉、コメントをお寄せ頂き、大変ありがとうございました。  本年も変わらずお引き立てのほど、宜しくお願いいたします。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 12 / トラックバック 0 / コメント 4

2013/01/01 21:45
ハヤブサ、トビにモビングされる
 「猛禽銀座と言いながら、ちっとも猛禽が出てこないじゃあないか」。そうお叱りを受けそうなので、何とか年内に一度と思ったのですが・・・ ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 1

2012/12/29 21:57
3年ぶりの登場 ミソサザイ
 今年の納めに猛禽でも撮っておこうかと、多摩川の川原で座り込んでいると、友人から電話が掛かりました。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 18 / トラックバック 0 / コメント 8

2012/12/28 23:23
野川のミヤマホオジロ
 この鳥も、当たり年だったようです。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 2

2012/12/27 22:10
常連さんも揃ってきました キンクロハジロ雄など
 多摩川MFの鴨も、常連さんは殆ど出揃いました。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 2

2012/12/24 23:03
赤い実を食べたのは誰? タシギ、アカハラ、シロハラ、ビンズイ
 今年も野川の河川改修が始まったので、タシギが下流から疎開してきました。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 16 / トラックバック 0 / コメント 2

2012/12/20 21:49
丘陵の麓で2 ルリビタキ、ミヤマホオジロ、クロジ
 先日は、かなりフラストレーションが溜まりそうな画ばかりでしたので、お山にリベンジに出かけました。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 14 / トラックバック 0 / コメント 2

2012/12/16 22:18
空っ風の吹く川原にて カシラダカ、ハシビロガモ、ハジロカイツブリなど
 こうして、お山の麓で遊んでいる間に、実は川原では、ちょっとした事件が持ち上がっていました。  今年も、ハクチョウ?の群れが、MF上空を飛んだというのです。若き(**2)友人が送ってくれた証拠写真には、それらしいシルエットが、少なくとも十数羽写っていました。  翌日、慌てて探しましたが、もう何処にも見当たりませんでした。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 10 / トラックバック 1 / コメント 0

2012/12/16 20:10
丘陵の麓で ミヤマホオジロ、クロジ、ルリビタキ他
 その外来鳥の代名詞とも言えるのが、この鳥、ガビチョウでしょう。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 13 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/12/12 22:21
日本のナイチンゲール? ソウシチョウ
 この鳥、オランダでは「日本のナイチンゲール」と呼ばれているらしいです。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 12 / トラックバック 0 / コメント 2

2012/12/05 22:23
バラ色の鳥生 アカゲラ、コゲラ、ヤマガラ、ヒガラ、シロハラなど
 多摩川周辺の公園で、寒さに向かって、必死に働くヒトタチがいました。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 9 / トラックバック 0 / コメント 1

2012/12/05 21:43
猛禽銀座も復活の気配 ハイタカ
 多摩川の中流域、我が家からも比較的近くMFにしている場所は、冬になると、ハヤブサ、オオタカ、ハイタカ、ノスリ、チョウゲンボウなどが、頻繁に姿を現します。  以前、ご紹介したミサゴも含め、猛禽銀座の様相を呈します。極く稀には、晩秋にハイイロチュウヒやハチクマが飛ぶことも。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/12/02 22:41
全く赤くないウソ? アカウソ雌
 嬉しいことに、多摩川のMFでは、ベニマシコもアカウソも、長逗留を決め込んでくれているようです。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 4

2012/12/01 21:49
懸崖の小鳥 キクイタダキ
 この鳥も、今年は各地で出が良いようです。  確かに図鑑には、冬鳥として平地の林にも飛来すると書かれていますが、本当に東京で見られるとは思いもよりませんでした。  この鳥、体長10cm、体重5gと、日本で見られる鳥の中で、一番小さいのだそうです。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 15 / トラックバック 0 / コメント 4

2012/11/27 22:31
それほど赤くないウソ? アカウソ、ベニマシコ、シメ等
 多摩川周辺のあちこちの公園で、アカウソ(ウソの亜種)が出ていると聞きながら、なかなか目にすることが出来ずに居ました。  それが、黄色い鳥を探していて、お目にかかることになろうとは。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 14 / トラックバック 0 / コメント 8

2012/11/22 22:45
誰か私を助けて!!! コガモ
 多摩川、宿河原堰で見かけた、コガモの雄です。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/11/21 22:34
大きな魚も一気飲み カンムリカイツブリ、セグロカモメ、イカルチドリ、カワラヒワ
 多摩川中流域のいつもの場所に、今年もカンムリカイツブリが入りました。最初は1羽だけで心配しましたが、最近では6羽になっているそうです。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/11/19 21:24
秋を食す ノスリ、ツグミ、ホオジロ、セッカ、ヒガラ
 多摩川の川原を歩いていると、秋を満喫している御仁がおりました。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/11/18 21:29
右見て左見て安全確認 ベニマシコ、マヒワ
 こんなことが、本当にあるのだろうか。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 2

2012/11/08 20:56
インディアン・サマー アリスイ
 天気予報ではそれほどでもない感じだったのだが、川原を歩いてみると、風が穏やかな所為かことのほか暖かく、ついつい着ている物を2枚も脱いでしまった。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 16 / トラックバック 0 / コメント 4

2012/11/04 20:50
北風に乗って4 ホオジロ、ホオアカなど
 他方、草原では。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/11/03 21:20
コスマヒ マヒワ
 野鳥写真家の間では、コスモスに留まるノビタキをコスノビなどと呼んで、交通費までかけて撮りに行くそうですが・・・ ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 9 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/11/01 22:33
北風に乗って3 アメリカヒドリ、ヨシガモ、オカヨシガモ、ハシビロガモなど
 ここ数日の間に、多摩川中流域のカモ類も、大分種類が増えてきました。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/11/01 19:01
北風に乗って2 ジョウビタキ、アオジ
 野川のMFも、少しずつ鳥が入れ替わっています。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 13 / トラックバック 0 / コメント 4

2012/10/27 23:51
北風に乗って1 ユリカモメ、セグロカモメ、タヒバリ
 多摩川のMFにも、大分カモの数が増えてきました。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 10 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/10/27 23:31
投下資本、着実に回収中 アカゲラ、アオゲラ、ヒガラ
 野川沿いにある某都立公園の、年間パスポートを購入した件は前に書いたでしょうか。  折角ですから、余り混まない日を狙って、鳥探しを楽しんでます。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 4

2012/10/26 22:42
今年は冬鳥に期待できそうか マヒワ、ハマシギ
 昨冬は、冬鳥らしい鳥になかなか巡り会えず難儀したものですが、今年は早や、各地から冬鳥の噂がちらほら聞こえ始めました。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 9 / トラックバック 0 / コメント 2

2012/10/17 17:29
野川に冬鴨御三家登場 オナガガモ、ヒドリガモ
 例年冬になると、野川には北の国からコガモ、マガモ、オナガガモの冬鴨御三家がやってきます。  その少し前になると、それまで我が物顔で川原を闊歩していたカルガモたちが、皆で寄り添いあって、冬鴨達のために場所を空けるのです。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 10 / トラックバック 0 / コメント 4

2012/10/10 23:50
野川でも恒例のノビタキ祭り
 其の後も、多摩川ではノビタキを見かけたのですが、いつも遠い。何とか写真を撮っても、こんな感じです。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 9 / トラックバック 0 / コメント 2

2012/10/09 23:47
大吉引いてあげましょか? ヤマガラ、マミチャジナイ
 この数日、目新しい鳥に出会わないので、先日友人に教えられた場所で、ヤマガラを撮ることにしました。  日本人にとっては馴染みの深い鳥ですが、私はまだ綺麗に撮ったことがありません。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 2

2012/10/08 19:26
出戻っちゃいました? クロハラアジサシ、オジロトウネン
 10月1日、台風17号の通過を受けて、例によってお土産探しに出かけました。  野川、多摩川の土手を自転車で四十数km走り、一万八千歩以上も歩き回りましたが、収穫はゼロ。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 2

2012/10/02 23:06
探し疲れたその果てに ノビタキ、セッカ、チュウサギ
 この秋、多摩川中流域で、最初にノビタキの話を聞いたのは、もう2週間以上も前になります。  いつものようにミサゴが現れるのを待つ間、川原の日陰に座ってお喋りをしていたのですが、ふと振り向くと、いつもイソヒヨドリが止まっているところに、ノビタキが居たと言うのです。  生憎その時、私は昼食用弁当を買いに行っていて、見損ないました。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 9 / トラックバック 0 / コメント 6

2012/09/26 22:03
干潟がなくてもシギチは渡る2 トウネン、タシギ、アメリカウズラシギ
 多摩川中流域で見られた、シギチの秋の渡りの続き。8月29日に確認して以来、よほど居心地が良いのか、長逗留を決め込んでいるのが、トウネン。  その名の通り、誰が見ても当年生まれに違いないと思うくらい、小さい。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 14 / トラックバック 0 / コメント 6

2012/09/22 00:16
老人週間 キビタキ、コサメビタキ、エゾビタキ、オオルリ
 いつもお世話になっている先輩鳥仲間から、伝言をいただきました。  15日から一週間は「老人週間」で、60歳以上は都立公園の入園料が無料になるというのです。  年金生活を始めてから、無料と言う言葉に、強く反応するようになりました。  「年寄りの日」又は「敬老の日」と言うのがあって、法律で「多年にわたり社会につくしてきた老人を敬愛し、長寿を祝う」日と定められているらしいのは知っていましたが、一週間も祝ってくれるとは。  まぁ、理屈は何でも良いです。有難くお受けします。で、最も近場の野川沿い... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 4

2012/09/20 23:17
炎天下に涼を求めて4 セイタカシギ、オグロシギ、ソリハシシギ、タシギ
 このところの雨で、多摩川の水は濁ってしまい、折角再開されたミサゴのショウはお休みでした。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 9 / トラックバック 0 / コメント 2

2012/09/18 22:15
ヒリヒリ、ポポンと秋祭りの稽古 サンショウクイ、ツツドリ
 公園にツツドリが出ていると聞いて二日通ってみましたが、会えません。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 12 / トラックバック 0 / コメント 4

2012/09/04 22:27
炎天下に涼を求めて3 オグロシギ、セイタカシギ、コガモ?
 土日に雨が降ったため、多摩川の水は濁ってしまい、ミサゴのショウは今日もお休みです。  その間に、一週間振りに、六郷詣でに行って来ました。予報では幸い今日も、真夏日にはならずに済みそうです。そこそこサイクリング日和。  六郷はこの夏、何回目になるでしょうか? ぼちぼち、新しい鳥(シギ・チドリの秋の渡り)が入っていてくれると良いのですが。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 2

2012/09/03 22:35
干潟がなくてもシギチは渡る1 キアシシギ、ヒバリシギ、エリマキシギ
 何度も六郷干潟詣でを繰り返していると聞くと、見ている方には、MFの多摩川中流域では、シギチの類は見られないのではないかと思われるかもしれない。  しかし、そんなことはない。ただ見られる種類、数が限られるだけだ。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 2

2012/08/30 22:35
少しだけ秋の気配? ミサゴ
 いやー、すっかりご無沙汰してしまいました。  夏バテ、と言っても、川原に出ることが出来なかった訳ではないんです。ただ、アップできるような写真が、殆ど撮れなくて。  ということを口実にして、勝手に夏休みを頂いてました。  その間、ただ、ただ、同じような写真が、毎日、千枚、二千枚と溜まっていくばかりで・・・ ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 21 / トラックバック 0 / コメント 4

2012/08/24 22:10
田圃にいたのは? キジ、アマサギ、アイガモ?
 鳥枯れのこの時期でも、多摩川の川原のあちこちでは、時折ケーンとやや擦れた、それでいて結構響く声が聞こえることが有ります。  そう、国鳥キジの雄です。雌は恥ずかしがりやなのか、一度も見たことがありません。勿論子連れの姿も。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 19 / トラックバック 0 / コメント 6

2012/07/10 22:14
僕、苛められてもメゲないもん ササゴイ
 MFにササゴイが入って、どの位経ったでしょうか。もう一月以上にはなりますね。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 17 / トラックバック 0 / コメント 4

2012/07/08 21:34
ハンモックで見る夢は? カワセミ 77EDUによるAF-BORG
 次第にネタ切れになってきたので、機材ネタでも一つ。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 15 / トラックバック 0 / コメント 2

2012/07/05 23:17
ママをいじめるなっ! カルガモ雛(続編)
 沢山の気持ち玉を頂いたことに気を良くして、その後の野川でのカルガモ雛の様子です。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 16 / トラックバック 0 / コメント 4

2012/06/30 22:40
ヘルパーさんがいっぱい イワツバメ雛
 先日、バンの兄姉が、親の子育てのヘルパーをする様を紹介しましたが、同じようなヘルプはツバメでも知られています。  普通のツバメは、人家周辺に巣を作るので、兄姉が餌を運ぶところを、それと知らずに見たことがある方も多いのではないでしょうか。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 9

2012/06/29 23:11
台風4号の置き土産 オオミズナギドリ
 例年、大型低気圧が東京の北側を通り抜けたときには、これに吹き寄せられて、普段太平洋の上を飛んでいる鳥が、ここ河口から23kmの多摩川中流域にも姿を現すことがあります。  何度かそういう経験をしているので、今回も台風4号が通り抜けたあとは、「多分何か出るだろう」が、期待が募り、いつしか「何か出るに違いない」となってしまい、行って来ましたよ。  20日は、野川中下流域から多摩川河口まで、総延長65km超のピルグリミッジです。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 15 / トラックバック 0 / コメント 6

2012/06/22 23:12
お姉ちゃんはチーママ バン、ホオジロ
 矢張りこの時期には、この雛も登場してもらわなくちゃね。野川沿いの何時もの池のバンです。凄い顔でしょう?頭にはまだ毛が無いし、目だけギョロギョロ飛び出していて。  何枚かの写真はデビュー初日のものですよ。その2日前に行ったときには、鳴き声も聞こえませんでしたから、孵化してせいぜい2、3日目だったと思われます。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 16 / トラックバック 0 / コメント 4

2012/06/17 21:29
遅れ馳せながら カワセミ雛
 大きすぎる魚が獲れてしまい、四苦八苦するカワセミの成鳥。彼女へのプレゼント?それとも巣の中の雛達への給餌? ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 15 / トラックバック 0 / コメント 6

2012/06/14 22:19
川原の貴公子 コアジサシ、アジサシ
 昨年よりも数はやや少なめですが、今年も多摩川に、コアジサシが上ってきています。  黒い頭、黄色い嘴と足以外、上面は青灰色、下面は白色の綺麗な鳥で、スマートな体で、貴公子然とした起居振舞が愛されています。  カワセミのようにホバリングしながら餌を狙います。雄が雌に求愛給餌を行うところも、カワセミに似ていますね。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 9 / トラックバック 0 / コメント 6

2012/06/12 21:22
白くないサギ ゴイサギ、ササゴイ、アマサギ、アカガシラサギ
 多摩川のサギと言えば、一番最初に思いつくのがコサギ、そして冬場に見られるダイサギ、夏場に見られるチュウダイサギ、そして数は少ないながらチュウサギ。  あれ、皆、白いサギですね。でもこの季節には、白くないサギも姿を見せます。  まずは、滝?に打たれるゴイサギ。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 16 / トラックバック 0 / コメント 14

2012/06/07 22:34
運転手はママだ カルガモ三番雛
(アンコールにお応えして) ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 32 / トラックバック 0 / コメント 10

2012/05/28 23:49
賑やかさも控えめに コヨシキリ
 この季節、多摩川の葦の葉陰からは、オオヨシキリの姦しい鳴き声が、騒々しく響き渡ります。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 15 / トラックバック 0 / コメント 3

2012/05/28 21:47
楽チンおんぶ カイツブリ二世誕生
 ここのカイツブリは、余り雛を負ぶわないと聞いていましたので、これは嬉しい誤算でした。多摩川本流では、どうしても遠くなってしまい、綺麗に撮れないですから。 ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 14 / トラックバック 0 / コメント 3

2012/05/28 16:37
二番雛がデビューしました カルガモ
 カルガモファンの皆様、大変お待たせしました。今年も野川に、カルガモの雛が顔見世しました。今回はちょっと数が少なくて、三羽です。 ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 18 / トラックバック 0 / コメント 4

2012/05/23 22:46
亜麻色の髪を探して アマサギ
 「多摩川にアマサギが居るよ」そう電話を貰ったのは、ちょうど一年前のことです。  生憎、居た場所がやや遠かったため、小一時間かけて到着したときには、もう何処かに飛び去った後でした。  図鑑などでは、夏鳥として日本でも繁殖、東京以西では越冬するものも居る、と書かれていますが、多摩川で繁殖しているかどうか分かりません。  この辺りの多摩川中流域では、旅鳥の数時間の羽休めとしてしか、見られないようです。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 15 / トラックバック 0 / コメント 6

2012/05/19 23:22
野川のシギも役者交代 キアシシギ、コチドリ、タシギ
 先日、干潟でたっぷり見てきたためか、余り新鮮味を感じませんが、今年も野川にキアシシギがやって来ました。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 9 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/05/14 22:21
人工池のほとりで バン、ヒバリ、チョウゲンボウ
 今年も公園の人工池で、バンの一番子が孵ってました。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/05/13 21:12
《番外編》 シギチ祭り(2)
 さて、県境を越えた先の干潟での、シギ・チドリの続きです。  セイタカシギも久しぶりです。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 12 / トラックバック 0 / コメント 2

2012/05/05 23:48
《番外編》 シギチ祭り
 ゴールデンウィークも終わりに近づきました。  TVによると、世間では、経済の先行き・雇用が心配、原発はじめ諸々不安材料がいっぱい、と言いながら、満員電車に揺られ、高速道路の渋滞にうんざり顔を見せながらも、小市民的幸福をEnjoyした人が結構居そうです。  ま、斯く言う私めは、日々これシルバーウィークでして、たっぷりとEnjoyさせて頂いてますが。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/05/05 22:25
食欲旺盛な雛 エナガ、コジュケイ
 5月4日、「みどりの日」は都立公園の無料入園日です。  年金生活を送るようになってから、無料の二文字には敏感に反応するようになりました。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 4

2012/05/04 21:54
国内最小の鷹 ツミ
 昨日キビタキを見たと聞き、その場所へと向かう緑道の途中で、頭上に特徴的な鳴き声を聞きました。  「あれ?」、自転車を止めて見上げると、わざわざ向こうから目の前の枝に。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 6

2012/04/30 22:37
早くも巣立ちの時を迎えて セグロセキレイ、コサギ
 日本人にとって、春と言えば旅立ちの季節ですが、鳥達にとっても出会いと別れの時です。  セグロセキレイの雛は、早くも巣立ちのときを迎えていました。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 2

2012/04/29 22:21
花の色もかすむ ハイイロヒレアシシギ(2)
 さて、お待たせしました。春の日の一日、野鳥FANをたっぷり楽しませてくれた、ハイイロヒレアシシギの写真です。  いかな美辞麗句も、その美しさの前には色褪せるだけ。何も申しますまい。ゆっくりとお楽しみください。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/04/28 23:50
子供の悪戯が元で、敢え無い最期を遂げたハイイロヒレアシシギ
 隣に居たカメラマンが、誰に言うともなくボソッと呟きました。  「子供は時として残酷だよな。だけど、相手が子供では怒れないし。」 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 4

2012/04/28 22:49
モノカラーの世界=河口にて メダイチドリ、チュウシャクシギ、オオヨシキリ
 今月二回目の大潮です。河口の情報は少ないですが、何はともあれ、行くだけ行ってみなければ。  朝になって、天気予報は悪いほうに修正されてしまい、いやな予感。それでも、空港周辺は薄日が射す予報だったのですが。  既にピークを超えたこの日の干潮時刻は、13時過ぎ。しかし着いた頃には雲が大分厚くなってしまい、スズガモ、ユリカモメなどモノクロの鳥が、余計に景色を寂しくしています。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 9 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/04/25 23:07
初夏の遣い コアジサシ、オオルリ
 先日、見損なってしまったコアジサシ。今度はちゃんと、定位置に入ってくれました。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/04/24 21:00
春の川原にて ノビタキ雌、コチドリ、ヒバリ、ホオアカ、セッカ他オールスターキャスト
 ノビタキ雌も来てました。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 11 / トラックバック 0 / コメント 2

2012/04/22 21:02
春を運ぶ青い鳥2 オオルリ、ウグイス
 今日はちょっとだけ、多摩川から外れます。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/04/17 21:18
花味鳥 スズメ、ヒヨドリ、カワセミ、コゲラ他
 桜を愛でる特権は、何も人間様だけのものではありません。  短い花の命を芯まで楽しむのは・・・。まずは雀から。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/04/12 20:33
やっと黒頭が見られました ノビタキ、タカブシギ
 先日、多摩川河口までプチ遠征していた間に、中流でノビタキ雄が出ていたようです。  翌日話を聞いたときには、「もう居ないようだ」。まー、月末位まではチャンスがあるので、気長に待つか、と、自分に言い聞かせました。  ただ、これまで雌ばかりで、頭が黒くなりかかった雄には会っていませんので、ちょっぴり残念。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 14 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/04/10 22:57
嘴、重そう ホウロクシギ、ハジロカイツブリ
 今日は花祭り、お釈迦様の誕生日ですね。東京では、丁度満開を迎えた桜の樹の下で、老若男女が昼前から酒盛りを始めています。  私はアルコール分解酵素が無い為か、若い頃から酒席には近づけませんでしたが。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 2

2012/04/08 21:19
春を運ぶ青い鳥 コムクドリ
 春を告げる鳥はいろいろ居るが、この鳥の雄の羽に光が当たって放たれる青緑色の光沢は、それを待つ人が多い。  四月最初の土曜日、東京の桜はほぼ満開。だが、桜に止まるカワセミを撮ろうにも、すぐ近くに大きなスピーカーを置いて、ガンガン大音量を響かせている集団が居ては、ままならない。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 3

2012/04/07 22:10
愛の協働作業 カワセミ
 毎年この時期になると、野川の土手下は、俄かカワセミファンでいっぱいになります。とりわけ週末は、大砲派から高倍率ズーム派までさまざまな人々が、カワセミを追いかけて、あっちへうろうろ、こっちへうろうろ。  これでは、ゆっくり愛を語ることもできまいと、ちょっぴりカワセミに同情します。  でも、当人たちは、結構しっかり愛を育んでいるようです。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/04/05 20:20
春の嵐、なにするものぞ ツバメ、イワツバメ
 昨日来の強風が残る中、多摩川の川原に姿を見せる鳥も限られています。ツバメとセグロカモメと。  ん?ツバメですよね。そう、数日前に気が付いたのですが、何時の間にかヒメアマツバメが、ツバメに入れ替わってました。三月下旬に来たようです。正装で颯爽と飛んでいます。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 11 / トラックバック 0 / コメント 4

2012/04/04 21:58
春になってやっと会えた赤い小鳥 ベニマシコ
 エイプリルフール・ネタと言えば、むしろこちらかも知れません。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/04/02 23:02
エイプリルフールにひっそりと帰国準備 アメリカヒドリ
 東京にも、やっと、桜の開花宣言が出されましたね。  もっとも多摩川の土手の桜は、都心より2、3日遅れて咲くことが多いのですが。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/04/01 22:58
新旧世代が激突 セグロカモメ
 例年冬になると、多摩川のいつもの堰には、ユリカモメの数十羽の群れと、セグロカモメの番?が入ります。  今冬は、ユリカモメの群れがごく短期間居ただけで姿を消したため、あとはセグロカモメ2羽の天下となっていました。  セグロカモメはとても気が強くて、トビの餌も横取りしてしまいますし、カラスがちょっかい出しても絶対に譲りません。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/03/28 20:32
只今換羽中 オオジュリン
 あのあと、もう一度カンムリカイツブリを見に行ったのですが、ペアの姿は無く、逸れた一羽がのんびりしてました。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 12 / トラックバック 0 / コメント 4

2012/03/22 22:33
ラブラブモード、全開 カンムリカイツブリ
 世間では、桜前線の北上は、例年よりも遅めのようですが。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 14 / トラックバック 0 / コメント 5

2012/03/20 21:03
ホオジロ君に教えられる ホオジロガモ
 暮れにホオジロガモの若鳥を撮りましたが、この鴨の名前はオスの成鳥から来ています。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 15 / トラックバック 0 / コメント 4

2012/03/12 23:48
白い者同士、仲良くしてね コハクチョウ、(オオハクチョウ、コクチョウ)
 さて、そのハクチョウです。  漠然と、オオハクチョウだろうと思っていました。  というのも、昨年まで連続3年、この数百m下流に、オオハクチョウが来ていたからです。今年は話を聞きません。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 10 / トラックバック 0 / コメント 4

2012/03/03 22:48
色を忘れた鴨たち アメリカヒドリ、ハシビロガモ、マガモ
 困ったときの鴨頼みを、地でいってしまいました(汗)。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/03/03 22:32
鮫肌の甲羅を背負って アリスイ
 以前、一つ上の堰の中州で、アリスイを見たことがあります。  しかし、あれがそうだと言われても、数十m向こうの中州のそのまた向こう岸、おまけに逆光では、鳥が止まっている、ということしか分かりません。  写真を撮っても、ぼやけたシルエットだけでした。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 12 / トラックバック 0 / コメント 4

2012/02/20 21:37
浮世絵から抜け出てきたか オシドリ、ハシビロガモ
 今日は、その多摩川の堰下から電話が入りました。「前回と同じところに、オシドリが1羽来てますよ」。  『前回と同じところ、ということは、遠いなー』と思いつつも、他に撮るものがない状況では、来てくれたこと自体感謝しなければ、と思い直して自転車を走らせます。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/02/19 22:19
律儀な見送り チョウゲンボウ
 ここ数日、雲の多い日が続き、雪までチラつく事も何度か有ったが、漸く冬の日差しが戻ってきた。もっとも、相変わらず多摩川の川原に寒風が吹き荒ぶ。  今日も数少ない小鳥達は、枯れ草の下に避難していて、殆ど姿を見せない。諦めて、もう帰ろうかと思い始めた矢先、川原に立つ背の低い木に、チョウゲンボウの雄が止まっているのが目についた。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/02/18 21:55
ミサゴのヘラブナ釣り
 この時期、困ったときの鴨頼みというか、どこも冬鳥が少ないため、自然と多摩川の堰下にバーダーが集まる。  もっとも、カモを撮るというよりも、カモを襲いに来る猛禽を狙っている(けしからん?)人が多いようだが。  そう言いながらも、自分も他に行く当てがないと、堰下に行く。  今日も、丁度堰下に着こうというときに、突然彼は現れた。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 2

2012/02/11 20:43
冬鳥達は何処へ行った? ベニマシコ、ミコアイサ
 今年はバーダーたちの間で、「冬鳥が少ないですね」というのが、お決まりの挨拶になってしまった。カモ達はそこそこ来ているのだが、小鳥が少ない。  それでも、全く姿を見せないわけでは無いらしく、気の短い人達は近くに来るのを待ちきれずに、遠出して撮っているようだ。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 10 / トラックバック 0 / コメント 4

2012/02/05 21:39
俺の食い物に手を出すな オオアカハラ
 オオアカハラは初撮りのはずだが、自分でも判然としない。  というのも、これまで野川の冬鳥として撮っていた亜種アカハラの写真を見直してみると、亜種オオアカハラとの違いがはっきりしないのだ。  ここでは一応多数説に依って、これまで撮ったものは亜種アカハラ、今回のが亜種オオアカハラとしておこう。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/01/30 22:22
初春初撮り――その二 ビンズイ
 バーダーの仲間内では、ライファーとか言う隠語があるらしい。なんでも、生まれて初めて見た鳥のことを指すようだ。  この正月早々、私もそのライファーなるものが二つ増えた。一つは、前回紹介したトモエガモ。そしてもう一つ。  前回と話が前後するが・・・ ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 11 / トラックバック 0 / コメント 4

2012/01/13 22:34
初春初撮り――その一 トモエガモ
 御屠蘇気分も覚めやらぬ七日、多摩川にトモエガモが入ったという情報を得て、飛んでいった。しかし、この日は十人近くで探したのに、不発。さては、一日で抜けてしまったかと、いささか落胆。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 9 / トラックバック 0 / コメント 10

2012/01/12 23:50
一族の命運が懸かる エナガ
 ふかふかとしたマシュマロのような毛並みに、黒い縞模様、僅かに海老茶の彩りが添えられる。黒い目と口は、まるで3個のビーズ玉を貼り付けたよう。  先日のエナガの写真に、「可愛い」という多くの気持ち玉、コメントを頂いた。感謝!  エナガは、私自身も好きな鳥ベスト5に入る鳥だ。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 21 / トラックバック 0 / コメント 4

2012/01/04 21:56
新年ご挨拶 ハヤブサ若、ノスリ他
 「明けまして おめでとうございます」 と、ハヤブサ若が申しておりました。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 19 / トラックバック 0 / コメント 8

2012/01/01 02:17
多摩川上空にハクチョウ30羽が乱舞 コハクチョウ
 今年も余すところあと3日。何時ものとおり、川原に出来た葦原の中を、鳥を求めて彷徨い歩く。  突然、頭上をよぎる鳥の影。「コウ、コウ(ホウ、ホウ)」という鳴き声は、どこかで何度も聞いたことがある。  見上げると、何羽もの白い鳥の群れが、団子状になって通り過ぎるところだった。え?まさか。ボーッとして見上げる間に、西北の空に消えた。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/12/29 23:35
羽毛と毛皮、どちらが暖かい?
 このところ毎朝、最低気温氷点下の日々が続いている。冬だから当たり前といえば、その通りなのだが、やはり辛い。勢い、川原に出かける時間が遅くなる。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/12/25 21:51
X'mas プレゼント ジョウビタキ、クイナ、タシギ
 今日も野川の辺を自転車で走っていると、岸の向こうとこちらを頻繁に行き来する小鳥に出会った。  野川では、もうすっかりお馴染みになったジョウビタキの雌。大分人馴れして、かなり近寄っても逃げない。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/12/24 22:46
生鷹狩り オオタカ
 (今回に限り、気の弱い方はクリックしないことを、強くお勧めします) ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 14 / トラックバック 0 / コメント 7

2011/12/18 23:30
これぞ本物、ハクセキレイ
 生き物の世界には、アルビノとか、白化個体と呼ばれるものがいます。遺伝情報の欠損により、先天的にメラニン色素が無い、或いは殆ど無い動物を指すのだそうです。  虹彩の色素が無いので、眼底の血管の赤い色が透けて見え、目が赤いのが特徴だそうで、しばしば信仰の対象になったり、観賞用として珍重されたりもします。  バーダーたちの間でも結構人気があり、白化個体が見つかると、交通費をかけて遠征してまで撮りに行く人もいるようです。  正直言って、よく分かりませんでした。白い鳥なら、コサギ、ハクチョウ、ハト... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 9 / トラックバック 0 / コメント 4

2011/12/15 21:02
初冬の多摩川、野川 ヒメアマツバメ、チョウゲンボウ、ホオジロ、タシギ、ヨシガモ
 朝のピンと張り詰めた空気の中、気持ち良さそうにスイスイ飛び回っている群れは、ヒメアマツバメか。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/12/13 21:43
ダルマ頭の潜水ガモ ホオジロガモ、ゴイサギ、ホオジロ、コゲラ、セグロカモメ
 多摩川の土手を歩いていて、余り見慣れないカモに出会いました。コガモよりやや大きいくらいの小柄なカモ。頭だけ見ると、光の加減でキンクロのようでもありますが、首に白い襟巻きを巻いています。潜水系で潜るとなかなか出てきません。慌てて自転車を放り出し、カメラを取り出します。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 11 / トラックバック 0 / コメント 5

2011/12/07 22:28
目付きほど悪人ではありません ハシビロガモ
 先日多摩川のハシビロガモ雌を紹介しましたが、野川で見かけることは余りありません。  それが今日は、久しぶりに調布飛行場の先まで足を延ばしながら、さしたる収穫もなく、いささか重い足取りでキコキコペダルを踏んで帰って来たところ、10羽余りのカルガモの群れに混じっていました。雌です。  折りしも、釣瓶落としの初冬の陽が西に傾き、もう川面は翳ろうかという矢先に、嘴だけがえらく輝いていたので気がついたのです。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 2

2011/12/04 21:52
なんと内陸の支流に海の珍鳥が ハイイロヒレアシシギ
 真冬の陽気となった今日、冷たい雨が降りしきる中を、野川沿いを歩いていた友人から電話が。「今、足元の橋の下を、○○ヒレアシシギが泳いでるよ。」  まず頭に浮かんだのは、今年の9月、台風の通過後、突然野川に降り立ったアカエリヒレアシシギ。台風の所為か、羽を傷めての緊急着陸だった。偶然、皆が写真を撮っているところに通り合わせたのがラッキー。夕闇が迫る中、ピントの合わない写真が、それでも何枚か撮れた。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 2

2011/12/02 22:07
篭脱け組一の地味さ自慢 カオグロガビチョウ
 で、多摩川の川原で追いかけていた地味な外来種というのが、これです。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/11/30 22:02
今年はたっぷり楽しめました オシドリ
 さして撮るものがなくなってしまったので、多摩川の川原で地味な外来種を追いかけていると、「オシドリが来てるよ」と電話。早速行ってみると。  なんと、今年はやや遠目ながらも、五羽も。去年はたった1羽、それも100mも向こうで、双眼鏡で覗いてやっと確認。慌ててカメラに飛びついたときには、もう飛び去っていた。双眼鏡を覗いていた時間、約1秒。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 2

2011/11/27 22:35
静かだった多摩川河口 セイタカシギ、スズガモ、キンクロハジロなど
 このところ多摩川中流域も珍鳥騒ぎの余韻が抜けません。今朝もそんな話の一つを耳にして、何時ものMFからやや下流よりへと足を伸ばしました。  ヨシガモがいってらっしゃいと見送ってくれます。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 4

2011/11/26 23:50
大きくても水面を歩けます カンムリカイツブリ、キンクロハジロ、モズ、ジョウビタキ
 久しぶりに多摩川で工事中の一つ上の堰まで行ってみると、まだ頑張って先住権を主張していたのが、カンムリカイツブリ。3羽居るが、それぞれ顔の模様が違うのが面白い。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 2

2011/11/22 22:33
川原は満員 ハシビロガモ、トビ、チョウゲンボウ、ミサゴ
 一つ上の堰での工事が再開された影響で、その堰に居た鳥たちが多摩川のあちこちに疎開し始めている。ここの堰も例外ではなく、最も数が多いのが、カワウ。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/11/21 22:22
川原の小鳥たち ホオジロ、イカルチドリ、キセキレイ、タヒバリ
 川原の草原には、冬の小鳥が色々入ってきているのだが、なかなかゆっくり撮らせてくれない。漸くそこそこ近づいてくれたホオジロ。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 4

2011/11/17 22:25
目立たないかも オカヨシガモ、ヨシガモ、セッカ、ノスリ
 いつもの多摩川の堰上で、のんびり昼寝しているカモの群れを見たら、いつの間にかオカヨシガモが数組入っていた。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 2

2011/11/16 21:47
寝不足?泣き明かし? ホシハジロ、カンムリカイツブリ、ヨシガモ、ハチクマ?
 昨日も、遊んでくれたのはジョウビタキ雌と、カワラヒワだけ。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 9 / トラックバック 0 / コメント 3

2011/11/13 23:38
いい顔してます ジョウビタキ、カンムリカイツブリ、チョウゲンボウ
 いつもなら堰堤の上で居眠りしている時間なのに、この日(11月8日)は太陽が子午線を越えても、コサギ、ダイサギ、アオサギも、そしてユリカモメも、遅い昼食に余念がなかった。  鳥類は日に2食のはずだが、朝食を猛禽に邪魔されたのだろうか。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 6

2011/11/10 22:38
小さくても、モウキン・・・ チョウゲンボウ、ハイタカ、ツミ、そしてアオジ
 猛禽のなかでは、比較的小柄なチョウゲンボウ。どことなく愛嬌のある顔、目の前の草原からバッタやカマキリを捕まえて、大事そうに抱えて食べる様は、妙に親近感を持たせる。  このところ、多摩川でも大分見かける回数が増えてきた。今日も待ち人(鳥)来たらず。その合間を縫って、樹上のチョウゲンボウをパチリ、パチリ。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 2

2011/11/07 22:26
皆で渡れば、怖くない、かも・・・ オジロトウネン、ハマシギ、タヒバリ
 雀より小さなオジロトウネン。多摩川に来てから次第に時間が経つにつれ、少しづつ警戒心が解けて来たようだ。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/11/06 17:34
たそがれて、孤高のワ・タ・シ ジョウビタキ、ユリカモメ、モズ、カイツブリ
 多摩川の川原にもジョウビタキが姿を現したことは、1週間ほど前から気がついていたが、月替わりとともにゆっくり顔を見せてくれるようになった。  木の中ほどの枝に止まり、キー、キーと縄張り宣言を繰り返す。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/11/04 21:10
渡りの名手 オジロトウネン
 さて肝心のオジロトウネン。それらしい鳥が居ることは分かるのだが、小さい、遠い、動き回る、で、なかなか撮れない。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/10/31 23:35
たった一羽の仮面舞踏会 カエデチョウ
 「ここにカエデチョウが出ていたよ」、多摩川の土手の下でそう告げられた。「あっ、そうですか」答えながらも、よく分かっていない。確か、篭脱け鳥が野生化したものの一つだったような。楓のような色をしているところから名づけられたのだったか。だが大きさも、体のどの部分が赤かったのかも思い出せない。実物を見たことがないのだ。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 4

2011/10/30 22:52
シギの見分けは難しい ハマシギ
 今年もオジロトウネンが来たと聞いて、去年と同じ多摩川の堰の下へ出かける。  明らかに、見慣れたイソシギとは違う小鳥が2羽。一心不乱に水溜りを突いている。  多摩川も中流域まで上ると、出るシギの種類も限られる。余り考えずにシャッターを切る。気が付くと、目の前まで寄ってきていた。  さて、帰宅後PCに取り込んでから、足の色が黒いのに気付く。確か、オジロトウネンは黄色かったはず。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2011/10/29 22:09
まだ見られた野川のノビタキ
 夜来の雨が上がるのを待って、昨日ノビタキを見かけたところまで、野川を下る。  途中、増水中の中州には、換羽中のマガモ、コガモ、イソシギなどが、呉越同舟で避難していた。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/10/22 23:58
いよいよシーズン到来6・・・ ヒドリガモ、キンクロハジロと?
 逆光の遠目には、キンクロハジロの雌雄4羽と見えたのだが。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/10/21 22:33
狩場か、漁場か・・・ ミサゴ、チョウゲンボウ
 多摩川の川原でノビタキを待っていたら、勝手にショウタイムを始めたのはミサゴ。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/10/18 21:21
いよいよシーズン到来5・・・ オオバン、オオタカ
 昨日、多摩川の川原を歩いていて、オオバンが来ているとの話を聞きました。ま、慌てなくても当分は定住するので、まずは何時ものコースを回り、変わった鳥が来ていないことを確認してから、一つ上の堰に行ってみました。  しかし、昼を回っていたためか、カモたちは皆中州の草陰に潜り込んで昼寝中らしく、まったく姿なし。夕方になってようやく、草陰から1羽、2羽と出てきたものの数が確認できず。遠くに見えたのはコガモらしき8羽の集団です。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/10/13 21:47
渡りの途中で一休み・・・ ノビタキ
 昨日野川公園をあるいていて、桜が咲いているのを見つけました。その名も十月桜というのだそうです。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/10/11 21:40
いよいよシーズン到来4・・・ オナガガモ、マガモ、アオゲラ、ヒタキ類
 10月2日のマガモ、6日のコガモに続いて、今日、野川のやや上流寄りで、オナガガモを3羽シーズン初見しました。 ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 2

2011/10/09 23:39
いよいよシーズン到来3・・・ ヒドリガモ、カワラヒワ
 数日晴天が続きそうなので、天気予報は余り気にしていなかった。朝から強い北風が吹く。  多摩川は避けて、野川縁をポタる。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2011/10/07 21:45
いよいよシーズン到来2・・・ コガモ、エナガ
 例年、野川には一番最初に渡ってきて、一番最後まで涼しげな声を聞かせてくれるコガモだが、今年はマガモ一番手に遅れること4日、漸く4羽が姿を見せた。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/10/06 21:17
いよいよシーズン到来・・・多摩川の鴨、猛禽類 ヒドリガモ、マガモ、ミサゴ
 寒気が押し寄せて、気持ち良いを通り越し、日陰ではやや肌寒い位の季節になった。川原に腰掛けてのんびり野鳥を待っていると、風は冷たいのに陽に当たっている背中だけが汗ばんでくるような、着る物に迷う時期である。  鳥たちにとっては過ごし易いらしく、多摩川の川原でアオサギの群れが、のんびり虫干しをしている。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/10/04 23:10
植物園で鳥見・・・ キビタキ、コサメビタキ
 今日、十月一日は都民の日。都立公園の多くが都民に無料開放された。  これまで、どうせそんな日は、どこも子供連れでいっぱいだろうと敬遠していたものだ。  しかし、普段多摩川では余りお目にかかれない鳥を、皆さんがそういった場所で撮って来る。「キビタキが入っていますよ」、そんな声に誘われて、半分「無料」の文字に惹かれたのでもあるが、今年は植物園に出かけてみた。  前回、お金を払って入ったときから、何年経っただろう。記憶の中にあるその場所は、思ったよりも狭いという印象だけが強かった。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/10/01 20:28
江戸の敵を・・・ コサメビタキ、エゾビタキ
 書くテーマに拘っていて、なかなか考えが纏まらぬまま、只管時間だけが流れてしまいました。ま、それはそのうち纏めることにして。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/09/28 20:47
短かすぎた夏を、精一杯駆け抜けた君たちへ 多摩川のコアジサシ雛に捧ぐ
 夏の多摩川は、冬に比べて野鳥の種類が減るのでしょうか。  夏鳥が、冬鳥に比べて相対的に少ないのか、夏は木の葉が茂るため、野鳥を見つけにくいのか。理由はいろいろ考えられますが、多分いずれも真実なのでしょう。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/07/21 21:54
カワセミ雛の巣立ち
 先日(7月6日付で)紹介した野川のカワセミの談合、じゃ〜なかった、集会は、どうも5月の末に巣離れした一番子が、久しぶりに集まったのではないかとのことです。  このあたりでは、ぼちぼち二番子が出るのではないかとの話もあったのですが、そちらのほうは仕切り直しになってしまったようです。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/07/12 21:32
炎天下で水浴び ゴイサギ成鳥2
 いや〜、連日暑いですね。今年ぐらい、多少冷夏でも許せるかなって思うのに。東京は、てか関東甲信は、もう梅雨明けちゃったんですってね。確か入梅前に、東京の水源は干上がってるって言ってませんでした?電力に続いて、給水も制限なんてことにならなきゃいいけど、大丈夫かな。  天気予報じゃ、向こう1週間連日、予想最高気温は33度、34度が並んでる。  これじゃ、野鳥だっておかしくなりますよ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/07/10 20:42
黄昏の川原に降り立つ ゴイサギ成鳥
 先日、ヨシゴイやササゴイが現れた多摩川のその同じ中洲に、今日はゴイサギが降り立ちました。  夕方、そろそろ少し薄暗くなりかけた中州で、カルガモの小さな群れがのんびり草芽を食んでいたところに、突然舞い降りた黒い影(逆光で黒く見えたのです)。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/07/08 23:02
遺産分割協議? カワセミ雛、カルガモ雛
 その後、野川ではなかなかカワセミの雛が現れなかったのですが、6月末ごろから2、3羽づつ姿を見せるようになりました。  それでも結局、皆並んで親から給餌を受ける姿は見られぬまま、夫々の新天地へと旅立って行ったようです。  7月4日の夕方、狛江市内の一角に突然雛たちが集まり始めました。見ていると、もう何羽かは積極的に川へ飛び込んで、自力で餌を採っています。ここに何羽写っているか分かりますか。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/07/06 21:40
合わせて十五位? ホシゴイ、ヨシゴイ、ササゴイ
 ゴイサギの幼鳥(所謂ホシゴイ)も、巣を離れて野川まで水飲みに来ることが多くなりました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/07/05 22:16
連日の猛暑で日焼け? ツバメの雛、セキレイの雛
 前に多摩川の川原で見たツバメの雛を紹介しましたが、野川の辺でも見かけました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/06/30 12:14
親の愛の形はさまざま カルガモの雛
 5月26日付けで最初に紹介した、野川の今シーズン初のカルガモの雛。20日に、久しぶりに見かけました。既に、雛たちの体長も親(写真右上)の8割程にまでなっていますが、最初12羽だった雛が今も10羽元気に親と泳いでいました。  1羽でここまで雛たちを育て上げた親の力には、素直に頭が下がります。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/06/29 23:32
小さな大冒険 バンの雛
 例によって、野川近くのいつもの公園のいつもの池。数日前からピーピーと声がするので、ひょっとして、とは思っていたのですが、15日の夕方、初めて、親の後について、バンの雛が1羽だけ顔を出しました。  まだ親の方が不安らしく、「餌を採ってきてあげるから、そこで待ってなさい」と、雛を盛んに葦の葉陰に押し戻していました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/06/19 21:27
カイツブリの卵とガビチョウ
 多摩川のカイツブリの雛(一番子)が少しづつ大きくなって、親から離れて行動することが増えてきたと思っていたら。  親はしっかりと2番子の卵を抱いていました。しかも4個。前回の巣と違い、こちら岸から丸見えなのがやや気に掛かります。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/06/18 22:23
ベイビー・ラッシュ2 ツバメ、カワセミ
 多摩川のツバメも巣立ちの時期を迎えています。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/06/10 21:12
目立つはずが以外に目立たぬようで チュウサギ
 シラサギ3兄弟のなかで、一番目立たないのが、此の子かも知れません。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/06/09 21:57
ベイビー・ラッシュ カルガモ、ワカケホンセイインコ
 先日の野川のカルガモは2羽で子供の面倒をみていましたが、 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/06/07 22:52
母ちゃん、おんぶー カイツブリ一番雛?
 多摩川で、毎年のようにカイツブリが抱卵しているところがあります。  撮影仲間が大事に、大事に、見守っていると、やっと雛が出てくれました。これは巣離れ初日の様子です(21日撮影)。本当に小さいですね。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/05/27 21:27
母は強し カルガモ一番雛、そして・・・
 今年もそろそろかな、と、待っていたら、野川の下流で出ましたよと教わり、早速行って来ました。これでも巣離れからもう4日ほど経っているようです(16日撮影)。  1羽の親が12羽の雛を守り抜くのは大変です。例によって、やんちゃな1羽が対岸まで遊びに出かけ、フレームアウトしています。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/05/26 19:51
もうお腹いっぱい カワセミ一番雛
 カワセミの雛が、野川の川岸に姿を見せてから3日目。全部で4羽になりました。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/05/25 22:39
オオヨシキリの大合唱とチュウシャクシギ = 六郷干潟
 先月に続いて、今月も大潮のときを選んで、18日に六郷干潟に行ってきました。  が、先に紹介したキアシシギ、バン、コチドリなどのほかは、チュウシャクシギが1羽だけ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/05/24 22:30
お邪魔しています ゴイサギ、ハジロクロハラアジサシ
 昨年のこと、野川の近くにある民家の裏山に、コサギとゴイサギが巣を作っていました。所謂コロニーです。ところが、いつだったでしょうか、台風の後だったかな、突然一匹も居なくなりました。  その後、多摩川の中洲に纏まったゴイサギが現れ、あー、引っ越したのかと思っていました。それが先日、気がつくと、また元の裏山に戻って来ているではありませんか。  コサギはどこでも見られますが、ゴイサギの成鳥が昼間飛ぶのを見る機会は、余りありません。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/05/16 22:14
遠路はるばると エゾムシクイ、キビタキ、キアシシギ
 例年、このゴールデンウィークの頃は、渡りの途中でふらりと足を休める鳥が居たりするものです。  しかし、その期間はたった1、2時間だけであったり、2、3週間であったりと、鳥によってまちまちです。  センダイムシクイの鳴き声を聞いたという話はいくつか聞きましたし、私自身も1度は頭の真上で鳴く声を聞いたのですが、結局その姿を見ることはできませんでした。  で、代わりに教えていただいたのが、エゾムシクイ。「今、鳴いてるよ」と連絡を貰って、間に合うかなと思いつつものこのこと出て行くと、居ました。待... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/05/13 21:40
母の懐に抱かれて ノビタキ、コアジサシ、バン
 先週の金曜日(22日)、野川のほとりのベンチに腰掛けて弁当を食べていると、ご婦人二人が野川の岸辺を覗き込んで、なにやらひそひそと話しています。  何か変わった鳥でも見つけたのかなと思いつつも、「杭(喰い)に掛かったら離れない」のは我が家の家訓。まずは食べ終わってからとゆっくり食事を続けます。  さて食べ終わってから徐に、「何か居ましたか」と声をかけると、「ノビタキらしいのだが、強風に煽られ、笹薮に潜ってしまった」といいます。ここ野川では、ノビタキは春、秋の渡りの都度見られるようですが、いず... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/04/28 22:05
干潟でのんびり日向ぼっこ タシギ、コチドリ、アオアシシギ
 多摩川の川原では雲雀が謳い、燕が舞う。昨日は春本番を通り越して初夏の陽気となったが、今日は気温も落ち着いたので、久しぶりに六郷干潟を訪ねてみた。本当は河口干潟を見たいと思ったのだが、行ってみると河口の1.5kmほど上流のところに、スーパー堤防の工事をしているのでとの「立入禁止」の看板と、フェンスが張られている。もっとも、この日は日曜だったので、蜆取りの人たちが大勢フェンスを越えて干潟に入り込み、野鳥が羽を休めるどころでは無かったのだが。  で、そちらは諦めて、六郷干潟を正面に見る土手で、のん... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/04/17 22:21
春本番、川原の賑わい コムクドリ、ホオアカ、キジ
 開花がやや遅れた多摩川の桜も、今は花びらが風にはらはらと舞散って、川面に薄墨模様を描いています。  すっかり暖かくなって、川原を歩いているとうっすら汗ばんでくる陽気になりましたが、葦や下草の間をキッ、キッと飛び回るアオジはまだ頑張っています。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/04/14 21:42
一足遅れで桜咲く
 東京で土手の桜と言うと、何と言っても隅田川が有名ですが、ここ多摩川の桜もジモティ達には結構知られてます。  靖国神社では昨日開花宣言が出されたようですが、多摩川の土手下に行って見ると、こちらはまだ蕾ばかり。数十本の木が並び、例年なら、ビニールシートで場所取り合戦となるはずの場所も、閑散としています。一本一本見て歩き、漸く2輪だけ見つけました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/03/29 22:13
木の根っこで待ち呆け? 砧のアオゲラ
 多摩川で顔をあわせた同好の方から、「仲間と世田谷美術館で写真展をやるので、よければ来て下さい。」と言われた。  交通費をかけなくても行ける距離だったので、見に行った帰り、ついでに、久しぶりに砧公園の野鳥サンクチュアリを覗いてみた。  前にも2、3度来たことはあるのだが、普段フィールドにしている多摩川からかなり外れてしまうので、なかなか頻繁には足が向かないのだ。  サンクチュアリの前の薄暗い木立の影で、木の切り株に腰を下ろしているお婆さん?を見かけ、声を掛けた。  「もしもし、どうかしま... ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/03/25 21:21
襟巻きが走る 多摩川のイタチ
 多摩川に面した葦原の中に、池というか、ちょっと大きな水溜りが有って、アオサギ、カワウから、バン、カワラヒワに至るまで、入れ替わり水を飲みにやってきます。しかし、冬の間は、一日中表面の大半が厚い氷に覆われてしまい、あまり鳥の姿を見かけませんでした。ここへ来て、漸く氷は溶けましたが、見かけるのはヒヨドリとシジュウカラばかり。  この日も池の端に腰を下ろして弁当を食べながら、ヒヨドリが水を飲むところをぼんやりと眺めていました。すると、対岸で、といってもほんの2mほどの距離ですが、ボチャンと音がして... ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 3

2011/03/19 21:30
自然観察園のコンシェルジュと再会
 野川公園の自然観察園に行き始めたのは、昨年の2月からである。それまで、金網に囲まれているので、てっきり有料だとばかり思っていた。人に無料だと教えられて、それから入るようになったのだが、最初の日に入口脇で迎えてくれたのが、この雄のジョウビタキである。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/03/18 20:35
野生本能に目覚めたトビ、カモメに追われる
 このところ、多摩川のトビの様子がおかしい。殆ど死に餌しか口にしないことが多いのだが、しょっちゅう、オオタカや、ハヤブサの狩りの様子を見せ付けられているうちに、野生本能に火が着いたのだろうか。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/03/17 21:30
水温む季節 ウグイスが鳴き、カワセミが愛を語らう
 ここ数日、比較的暖かな日が続いた所為か、多摩川の川原も、急に春めいた気配が感じられるようになってきた。  カワセミは、それまで、縄張りを荒らすなとキー、キー言って追いかけていた異性と、仲良く見つめあいながら、鳴き交わしている。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/03/15 19:19
多摩川特急(春一番)
 東京に春一番が吹いたその日(2月25日)、多摩川の土手沿いでこんな花が咲いているのを見かけました。春ですねぇ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/03/05 21:26
いじめっ子の番長なんか、ダイッ嫌いだ クイナ2
 昨日は風が強かったですね。その所為かどうか、野川にも、普段あまり見かけないお客さんが来てました。ちょっと暗かったんでピントが甘いんですが、ご容赦を。  初めは白い胸を思い切り張っていたので、何かと思ってしまいましたが。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/02/19 23:04
ちょっとだけですよ クイナ
 私の名前を知っている人は多いと思いますが、その割に写真以外で姿を見たことがある人は少ないのではないでしょうか。ええ、決してビビッて隠れている訳ではありませんよ。私は奥ゆかしいので、余り人前に姿を見せないのですよ。私の従兄弟のバンなどは、結構露出癖があるのですがネ。  でも、今日は一寸だけお見せしちゃいますね。何日も待っててくれて、申し訳ないですから。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/02/09 22:06
冬の花 ベニマシコ
 暮れから、話には聞いていたんです。多摩川の右岸でも左岸でも見た人が居るって。雄は見ればすぐに判るって言われたんです。結構目立つ色をしてますから。でも雀なみに小さいですからね。広い葦原の中から見つけ出すのは、傍で思うよりも大変で。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/02/06 21:56
雄でもやっぱりミコアイサ(巫女秋沙)
 先日、多摩川の上空を、オオハクチョウが飛んでいたという話を聞きました。今年も来たかと喜んで、去年と同じ場所に見に行ったのですが、残念ながら見当たりませんでした。  そこで少し足を伸ばし、そろそろ来ているかも知れないミコアイサを、探しに行きました。去年、大栗川(多摩川の支流の一つ)で見かけたと聞きましたが、詳しい場所は判りません。ま、行けば何とかなるでしょう。  ということで、大栗川まで来たものの、どのあたりを探そうか?河口付近か、それとももう少し上流か?  一人や二人、写真を撮って居そう... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/01/23 23:45

トップへ | みんなの「写真」ブログ

明日晴れたら・・・ 写真のテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる