腰の白さがまぶしい アオアシシギ、アマサギ

 昨日は2羽見られたらしいアオアシシギですが、今日は1羽しか確認できませんでした。
 キアシシギ、トウネンに続いての、MFへの立ち寄りです。
画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像


 対岸に回り、コサギの群れの中にチュウサギを捜していると、コサギよりも小さめなサギがいました。
 アマサギです(手前)。この時期、まだ首周りなどに僅かに亜麻色を残している個体が多いのですが、何とこのこは真っ白で、もう少しで見落とすところでした。
画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 13

ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

2015年11月16日 06:07
アオアシシギが綺麗ですね。
私は鳥見を始めるまで、シギはあまり見ることがなかったので、兵庫県のため池に来ていたアオアシシギを初めて見た時は感動しました。
シギの羽根は、なんて美しいんだろうって。
その後、干潟で色々なシギに出会いました。
アオアシシギは、結構、ポピュラーなんだなとわかりましたが、やはり羽根の美しさはトップクラスのシギですね。
2015年11月16日 08:06
⇒ 秋洋さん
お早うございます。
仰るとおり、シギは見分けは難しいですが、その分細かい模様が目を楽しませてくれます。
春と秋でも、成鳥と若鳥でも色や模様が異なるので、渡りの時期は楽しみです。
地元では見られるシギの種類がかなり限られますが、川原に降りて、運が良ければ10m程の距離で撮れます。

この記事へのトラックバック