MFのカルピヨ一号

 地元野川の縁を流していて、雛2羽を連れたカルガモに出会いました。  今年最初に見るカルピヨですが、未だ小さいのに雛の姿は2羽のみでした。  小川に毛の生えたような狭い川ですので、多摩川本流に比べると流れが緩やかなことを除けば、危険が一杯です。蛇、カラス、鯉、そして仲間のカルガモ。  ともあれ無事に成長することを願わずにはいられま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

《番外編》 草野球場を駆け回る コシャクシギ

 仲間のダイシャク、チュウシャク、ホウロクシギはMFの多摩川でも見たことがありますが、コシャクシギは関東ではかなり珍しいらしく、これまで見たことが有りません。  この鳥、2年前に葛西臨海公園に出たときにも、例によって『今朝までは居たんだけど』と言われて出会えませんでした。  今回話を聞いたときにも、どうせ1日で抜けるだろうからと、タ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

《番外編》 どっちの仲間? ツバメチドリ

 去年は南の隣県で出会うことが出来ました。  しかし、雨上がりの陽炎が立つ畑で、飛び物も満足のいくものは一枚も撮れませんでした。風に乗って飛ぶ動きはツバメ級。  今年は、南と北の隣県でほぼ同時に出ているそうです。  去年とは場所を変えて、飛び物でも狙ってみましょうか。  ツバメチドリが飛び去っ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more