MFのカルピヨ一号

 地元野川の縁を流していて、雛2羽を連れたカルガモに出会いました。  今年最初に見るカルピヨですが、未だ小さいのに雛の姿は2羽のみでした。  小川に毛の生えたような狭い川ですので、多摩川本流に比べると流れが緩やかなことを除けば、危険が一杯です。蛇、カラス、鯉、そして仲間のカルガモ。  ともあれ無事に成長することを願わずにはいられま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more