テーマ:野鳥

MFのカルピヨ一号

 地元野川の縁を流していて、雛2羽を連れたカルガモに出会いました。  今年最初に見るカルピヨですが、未だ小さいのに雛の姿は2羽のみでした。  小川に毛の生えたような狭い川ですので、多摩川本流に比べると流れが緩やかなことを除けば、危険が一杯です。蛇、カラス、鯉、そして仲間のカルガモ。  ともあれ無事に成長することを願わずにはいられま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

《番外編》 草野球場を駆け回る コシャクシギ

 仲間のダイシャク、チュウシャク、ホウロクシギはMFの多摩川でも見たことがありますが、コシャクシギは関東ではかなり珍しいらしく、これまで見たことが有りません。  この鳥、2年前に葛西臨海公園に出たときにも、例によって『今朝までは居たんだけど』と言われて出会えませんでした。  今回話を聞いたときにも、どうせ1日で抜けるだろうからと、タ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

《番外編》 どっちの仲間? ツバメチドリ

 去年は南の隣県で出会うことが出来ました。  しかし、雨上がりの陽炎が立つ畑で、飛び物も満足のいくものは一枚も撮れませんでした。風に乗って飛ぶ動きはツバメ級。  今年は、南と北の隣県でほぼ同時に出ているそうです。  去年とは場所を変えて、飛び物でも狙ってみましょうか。  ツバメチドリが飛び去っ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大きなゴミ袋? コブハクチョウ若

 久しぶりに多摩川右岸を下っていると、対岸近くに何やら大きな白っぽいものが見えます。  また誰かがゴミ袋でも流したかと双眼鏡で確認すると、コブハクチョウでした。  ここ多摩川では3年前にも姿を見せたことがあります。  まだ真っ白になっていないので、前回同様若ですね。  ここにはカンムリカイツブリや、  ハジ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

赤い嘴、赤い靴 ユリカモメ

 冬になると、多摩川中流域に集団で上ってくるのがユリカモメです。  東京の湾岸新交通の名前にも使われていて、御馴染みですね。  セグロセキレイは珍しくないのですが、偶には取り上げてあげないと。  キセキレイも最近は1年中見られますが、やはり冬の鳥のイメージが強いです。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

冬に向かう川原 オジロトウネン、タヒバリ、ハマシギ

 一冬を多摩川中流で過ごすことの多いオジロトウネンです。  すっかり冬羽に変わったようです。この柔らかい感じが好きですね。  タヒバリも増えてきました。  のんびりやさんのハマシギが1羽。渡りには少し遅いようだが、越冬組だろうか。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

エクリプス、それとも トモエガモ

 野川に、トモエガモらしき鳥が居ると聞きました。  なるほどトモエガモですが、トモエの模様は有りませんね。  エクリプスでしょうか、それとも若鳥でしょうか?
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

《番外編》 クイナ祭り ヒメクイナ、ヒクイナ

 湾岸の公園に珍しいクイナが来ていて、連日大賑わいだそうです。  ヒクイナも見たことが無いので、この際一度見ておきましょう。  但し、珍鳥ヒメクイナの方は、一日待って1秒しか出ないこともあるんだとか。  期待は大きく持ち過ぎず、と言っても、矢張り期待してしまいますよね。  7時半に現地に着くと、既に、見知った顔も含め、数十人…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

《番外編》半世紀ぶりのお客さん ハクガン若

 東京でこの鳥が見られるのは、本当に珍しいんだそうです。新聞によると58年ぶりとか。  二・三日前から噂は耳にしていたんですが、やっと場所が特定できました。  幸い電車で一本、同じホームでの乗換えだけです。  最寄り駅から方向の見当をつけて歩いていると、親切な方が、「あっちですよ」と教えてくれました。  こういう時には、目立…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

猛禽日和

 いつものMFに、数が増えたカモ達の様子を見に行きました。  と、突然姿を見せた黒い影。サギやカモ達は一斉に逃げ惑います。普段潜れないカモも、この時は必死で潜ります。  立派なハヤブサ髭は、見間違いようがありませんね。  カラスが居なかったので三度ほど突っかけましたが、結局狩りには失敗。高い空へと去って行きました。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

換羽未了 カモたち

 夏の終わりから姿を見せたコガモを筆頭に、秋の深まりと共にカモ達が渡ってきます。  でもこの時期のカモの雄は、何だかぐちゃぐちゃの頭をしてますね。殆ど雌のようなエクリプス。  或いは半分繁殖羽に換羽しつつある頭もいます。  今日はそんなカモ達の頭です。  先ずは、大分それらしくなってきた、コガモの雄。  こちらは、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

まだノンビリしてます ノビタキ

 あれ、あの後姿はノビタキさん。今年はゆっくりしてますね。  ここ数年、少し上流寄りの多摩川には越冬ノビタキが居ます。彼らも越冬するつもりだろうか知らん。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

これで3兄弟が揃いました サメビタキ

 ヒタキ3兄弟の中で、一番見つけにくいのがサメビタキです。  「出ているよ!」との連絡を頂いて、やっと会えました。  。  エゾビタキ(手前)と場所の取り合い。  こちらはエゾビタキです。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日中はかくれんぼ タシギ

 今年も、野川にタシギが来たようです。  毎年、この時期から翌年の春まで、野川の辺を散歩する人たちの目を楽しませてくれます。  コガモの数も大分増えました。  川原で、モズが高鳴きしています。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

只モズと餌場争い シマアカモズ

 多摩川河口近くの公園に、シマアカモズが来たそうです。  アカモズの亜種ですが、関東では稀な旅鳥の類でしょう。石垣や西表など南西諸島では、御馴染みの鳥だそうです。  早速水曜日に遠出しました。というところですが、夏の間サボっていたため、自転車で往復する自信が無く、電車でお出かけです。  最寄り駅まで着くと、丁度バスが行ってしまいま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヒタキ祭り始まる エゾビタキ、コサメビタキ

 野山の小鳥達も、漸く渡り始めたようです。  こちら、野川沿いの公園でも、何時ものようにヒタキ類が姿を見せました。  エゾビタキです。  翌日はコサメビタキが主役です。  アオゲラもこの日は遠慮がちでした。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

《番外編》 湾奥のシギチ ダイゼン、ミユビシギ、オバシギ他

 東京近郊でシギチの種類が豊富に見られるところというと、何といっても矢張り三番瀬でしょうね。  谷津干潟のシギチも、その殆どは潮加減をみながら、ここと往復しているようです。  ということで、1シーズンに1回は行ってみましょう。  まず、出迎えてくれたのはダイゼンです。  奥がダイゼン、手前はハマシギです。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

《番外編》シギチは田圃で捜せ(2) コアオアシシギ、ヒバリシギ

 翌日行ってみると、もうアカエリヒレアシシギの姿はありませんでした。  代わりに、コアオアシシギが近くまで来てくれました。  この腰は矢張りアオアシシギの親戚ですね。  コアオアシと言うだけあって、コサギがゴジラに見えます。  体長20cmのイソシギやタカブシギ(右)よりは少し大きいか。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

《番外編》シギチは田圃で捜せ(1) タカブシギ、アカエリヒレアシシギ

 MFの干潟は、このところシギ・チドリの入りが悪いです。  他方で、皆さんのブログを見ると、あちこちの田圃に色々なシギチが顔を見せている様子。  やはり田圃詣でしか有りませんか?  今日は少し出遅れてしまいましたが、今からなら昼前には現着出来るでしょう。  ということで、隣県の初めての田圃に出かけます。『ま、行けばなんとかな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

腰の白さがまぶしい アオアシシギ、アマサギ

 昨日は2羽見られたらしいアオアシシギですが、今日は1羽しか確認できませんでした。  キアシシギ、トウネンに続いての、MFへの立ち寄りです。  対岸に回り、コサギの群れの中にチュウサギを捜していると、コサギよりも小さめなサギがいました。  アマサギです(手前)。この時期、まだ首周りなどに僅かに亜…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

小さな旅人 トウネン

 MFにも、漸く渡り途中の可愛いシギが立ち寄ってくれました。  秋色のトウネンです。4羽だけの小さな群れですが、毎シーズン立ち寄ってくれる、大事なお客さんです。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

《番外編》 初秋の干潟 オオソリハシシギ、ダイゼン、オバシギ他

 「多摩川が駄目なら谷津干潟があるさ。」。という訳でもないのですが、このところ恒例化した干潟詣でです。  この時期、少し変わったシギでも入っていないかと期待したのですが、殆どお馴染みさんばかりでした。  曇天、逆光で、あまり色が良くありませんが、ご容赦を。  キアシシギです。  セイタカシギです。  ハ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

鳴き声が聞こえない ツツドリ

 トケン類(杜鵑と書いてホトトギスのことだそうです)などという難しい名前で呼ばれるカッコウの仲間ですが、大きさが違うとか、お腹の模様がとか言われても、遠目には判りにくいですね。  鳴いてくれればそれぞれ特徴的なんですが、なかなかそう都合よくもいかなくて。  今年もどうにか一枚だけ撮れました。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more